ファン雑誌と写真展で、ボッテガ・ヴェネタの創作の旅を楽しむ

  • 文:門倉奈津子

Share:

BV_S24_Fanzine_1x1_1.jpg
FANZINE(ファン雑誌)は全4冊で構成。世界各国のボッテガ・ヴェネタのストアのほか、東京では神保町の小宮山書店、ワタリウム美術館 オン・サンデーズ、代官山 蔦屋書店にて書籍を購入した人へ配布中。サマー 24 コレクションのショー会場のフロアに描かれたものと同じ世界地図のイラストをプリントしたブックケースに収納されている。

ボッテガ・ヴェネタは、4冊目となる最新のFANZINE(ファン雑誌)を発行。今季は、マチュー・ブレイジーによるサマーコレクションの創造的な制作プロセスとともに、作品が誘う現実とイマジネーションの旅を解き明かす。日本人から見るとシュールとも思えるロケーションで撮られたアレック・ソスのキャンペーン写真とその撮影の舞台裏、スケッチ、ステッカー、旅のノートなどをまとめた全4冊の構成で、東京近郊で行われたキャンペーン撮影の様子を身近に感じられるとともに、自分自身のリアルでクリエイティブな旅を重ねていく。

「サマー 24は、オデッセイです。それは自由と希望に満ちあふれた旅であり、かつての自分、なりたい自分、そして行きたい場所へとつながります。このFANZINEはそのような旅への扉を開くもので、現実世界、あるいはクリエイティブに生み出した世界の中で、自由への旅や冒険を思い描き、そして記すことができるのです」とマチュー・ブレイジーは語る。

BV_S24_Fanzine_1x1_7.jpg
アレック・ソスが撮影したキャンペーン写真や撮影の舞台裏など充実した内容となっている。

---fadeinPager---

そして3月29日からは東京でアレック・ソスとの展覧会『TOKYO PLAYTIME An exhibition by Alec Soth and Bottega Veneta』を開催。同展では今季のキャンペーンビジュアルのほか、ソスがこれまで日本で捉えた作品も展示するのでお見逃しなく。来場予約は公式LINEアカウントより受付中。また、表参道フラッグシップでは予約・来場後に来店した人にギフト(数量限定)の用意もあるので、ぜひ立ち寄って。

BV_S24_Adv_sRGB_square_full_B13.jpg
「このキャンペーンでは遊び心を意識しました。公園は、マチューの独創性にあふれたイマジネーションのメタファーのように感じました。私の写真にも多様なセレンディピティ(予期せぬ発見)を取り入れたかったのです」とアレック・ソス。

『TOKYO PLAYTIME An exhibition by Alec Soth and Bottega Veneta』

開催期間:2024年3月29日(金)〜4月14日(日)
開催場所:seeen
東京都渋谷区神宮前4-13-12 1F/B1F
TOKYO PLAYTIME特設サイト