体感型展示から気鋭シェフの特別コースまで、五感を刺激するグランドセイコーのポップアップイベントが開催!

  • 文:久保寺潤子

Share:

 

69761.jpg
五感を通じて唯一無二の特別な時間を体感するグランドセイコーのポップアップイベント「ALIVE IN TIME through the FIVE SENSES」。

1960年の誕生以来、最高級の腕時計を目指して数多の名品を生み出してきたグランドセイコー。正確さはもとより、美しさや見やすさといった腕時計の本質を高次元で追求・実現してきた。2010年からは本格的なグローバル展開を開始し、世界でも数少ないマニュファクチュールによる最高レベルの性能と洗練されたデザインで高い評価を得ている。グランドセイコーのブランド哲学は「THE NATURE OF TIME」。自然や季節の移ろいからインスピレーションを受ける感性や、“時”の本質に迫る匠の姿といった日本独自の美意識と精神性を表現している。

ブランドメッセージは「今、この時を生きる人へ。Alive in Time」。60年以上にわたってムーブメントや素材、デザインにおいてたゆまぬ進化を遂げてきたグランドセイコーが、今を生き、自らを変革する人々に向けたメッセージだ。

9月13日(水)から15日(金)までの3日間、表参道のWALL & WALLにて開催されている「ALIVE IN TIME through the FIVE SENSES」は、ブランドのクラフトマンシップや革新性を五感を通して体験できるイベント(応募は終了)。「Watches and Wonders Geneva 2023」での展示を再構築したエリアでは、各モデルのストーリーを読み解き、自然と調和した腕時計の世界観が表現されている。 

69834_1.jpg
「視覚」エリアではブランドのクラフトマンシップの根幹となる精緻なパーツやムーブメントを展示。水の煌めきなど自然をイメージした映像とともに演出されている。
69756.jpg
「聴覚」エリアはグランドセイコー初のコンプリケーション機構「コンスタントフォース トゥルービヨン」を搭載したKodo(鼓動)の刻音を、光と音で表現した没入型のインスタレーション。

 

69766.jpg
69804.jpg
「Watches and Wonders Geneva 2023」での展示を再構築したエリアでは、それぞれのモデルの世界観を表したディスプレイとともに、最新のラインナップを紹介している。

 

69784.jpg
「触覚」エリアではグランドセイコーの腕時計を実際に装着したり、ロゴを背景に撮影できるフォトスポットを用意。

今回のイベントのハイライトとなるのが「味覚・嗅覚」エリア。食のクラフトマンシップを提供したのは『ミシュランガイド東京2023』で二ツ星を獲得した「傳」のシェフ長谷川在佑と、スペシャルティコーヒーをいち早く世界に広めた「KOFFEE MAMEYA」のバリスタ國友栄一だ。ゲストに振舞われるのは「THE NATURE OF TIME」からインスパイアされた特別メニュー。 季節感を大切にする和食と、長い時を経て多彩な味わいを生むコーヒーのコラボレーションは、唯一無二の体験となるだろう。

69917.jpg
日本料理の新たな境地を開く長谷川在佑(左)と、さまざまなアプローチでコーヒーの味わいを提供する國友栄一(右)。イベントでは、記憶に刻まれる味覚体験が繰り広げられる。
69884.jpg
長谷川在佑と國友栄一のコラボによる特別メニュー。コールドブリューやミルクブリューなど國友氏による趣向を凝らしたスペシャルティコーヒーと、繊細な技法を駆使した長谷川氏の料理が出合う。「伝統から生まれる革新性」というグランドセイコーの精神が表現された。

 多角的な視点でブランドの魅力を伝えるこのポップアップイベントは今後、世界に巡回予定だ。日本人の美意識によって育まれてきたグランドセイコーは、これからも進化を続ける。

問い合わせ先:セイコーウオッチ株式会社 

www.grand-seiko.com