葛藤を抱えた小説家と女優の、奇跡的な出会いを描く『小説家の映画』ほか【今月の映画3選】

  • 文:細谷美香(映画ライター)

Share:

今月のおすすめ映画①『小説家の映画』
葛藤を抱えた小説家と女優の、奇跡的な出会いを描く

①『小説家の映画』main.jpg
韓国映画界の名匠、ホン・サンス監督にとって27作目の長編映画。本作で3年連続4度目のベルリン映画祭銀熊賞受賞となった。公私ともに監督のパートナーであるキム・ミニと、前作『あなたの顔の前に』にも出演しているベテラン女優、イ・ヘヨンがダブル主演。

恋愛映画の名手とも呼ばれるホン・サンス監督は近年、『逃げた女』『あなたの顔の前に』と女性の心の旅を描く映画を立て続けに発表して、新しい顔を見せている。ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞した最新作『小説家の映画』もまた、ふたりの女性を主人公にした作品だ。

長らく新作を発表していない小説家が、ソウルから少し離れた町で出会ったのは、一度は映画界で成功を収めたものの近頃は出演作が途絶えている女優。小説家は彼女に、一緒に短編映画を撮ろうと提案する。

しばらく映画に出ていない女優に「もったいない」と繰り返す映画監督に、小説家は憤然として言い返す。自分の人生を楽しんでいる人を尊重すべきであり、「彼女の人生を本人よりももっと愛しているのか」と。キャリアの階段ではなく踊り場にいる小説家と女優が理屈を超えてつながり、人生を次のチャプターへと進ませていく。観客が、そんな奇跡的な瞬間を目撃する場面だ。あるいは、他者からジャッジされ続けてきた女たちの怒りをすくいとった場面とも言えるかもしれない。

小説家は自分がつくりたい映画について、熱っぽく語る。いわく、大切なのは好きな俳優を選んで落ち着く環境をつくり、湧き出るものを撮ること。共演者との出会いによって本当の感情が生まれるし、すべてが“本物”だけれど、ドキュメンタリーとは一線を画すものであること。“物語る”ことについても描いたこの作品は、ホン・サンスの映画論として観ても面白い。

一見、無造作な会話の中に人生の真理を忍び込ませるホン・サンス節はそのままに、瑞々しい感触に満ちた92分。しばしモノクロだった人生が突然の出会いによってふたたび色づき始めるようにカラーのパートが挿入され、鮮やかな後味を残す。

②『小説家の映画』サブ1 (1).jpg
© 2022 JEONWONSA FILM CO. ALL RIGHTS RESERVED

『小説家の映画』

監督/ホン・サンス
出演/イ・へヨン、キム・ミニ、ソ・ヨンファほか
2022年 韓国映画 1時間32分 6/30よりヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて公開
※公開時期・劇場などが変更される可能性があります。

---fadeinPager---

今月のおすすめ映画②『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』
あのアドベンチャーシリーズが、15年の時を経てスクリーンに復活

③メインplt_dtlr1_uhd_r709f_stills_221123.088814.jpg
©2023 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.

考古学者で冒険家のインディ・ジョーンズが、まだ謎を解明できていない“運命のダイヤル”。この伝説の秘宝をめぐり、因縁の相手である元ナチスの科学者と世界を股にかけた争奪戦を繰り広げる。ハリソン・フォードが長きにわたって愛されているヒーロー、インディを演じる最後の作品。マッツ・ミケルセンがダークな宿敵を演じ、ジョン・ウィリアムズの胸が高鳴る音楽とともに、15年の時を経て大ヒットアドベンチャーシリーズの幕が開く。

『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』

監督/ジェームズ・マンゴールド
出演/ハリソン・フォード、フィービー・ウォーラー=ブリッジほか
2022年 アメリカ映画 2時間34分 6/30より全国の劇場で公開
※公開時期・劇場などが変更される可能性があります。

---fadeinPager---

今月のおすすめ映画③『マルセル 靴をはいた小さな貝』
世界と向き合った愛らしい貝が、生きる喜びについて問いかける

④マルセル:仮メイン.jpg
© 2021 Marcel the Movie LLC. All rights reserved.

おしゃべりな貝のマルセルが祖母と一緒に暮らす家に、映像作家が引っ越してくる。離れ離れになっているマルセルの家族を探すためYouTubeに動画をアップすると、一躍人気者に。それまでの暮らしに変化が訪れる。実写とストップモーションをかけ合わせ、モキュメンタリーのスタイルで描き出した小さな貝の物語。見ているだけで頬がゆるんでしまうほど愛らしいマルセルが、SNSのつながりやありふれた日常の尊さ、生きる喜びについて教えてくれる。

『マルセル 靴をはいた小さな貝』

監督/ディーン・フライシャー・キャンプ 
出演/ジェニー・スレイト、イザベラ・ロッセリーニほか
2021年 アメリカ映画 1時間30分 6/30より新宿武蔵野館ほかにて公開
※公開時期・劇場などが変更される可能性があります。

関連記事

※この記事はPen 2023年8月号より再編集した記事です。