「宇宙人もお祝いに駆けつけた…」英チャールズ国王の戴冠式画像に、UFOが映り込む?

  • 文:美矢川ゆき

Share:

スクリーンショット 2023-05-13 16.58.42.png
rafredarrows-Instagram

先日行われた英チャールズ新国王の戴冠式。英国人のSimon Balson氏(59歳)が、ロンドン上空を飛行する謎の未確認飛行物体「UFO」を撮影した。写真に映り込んだ奇妙な物体は、イギリス空軍アクロバット飛行チーム「レッド・アローズ」の飛行パフォーマンス中の写真上で発見された。英ミラー紙などは、「バッキンガム宮殿に向かうレッド・アローズの少し上空に、小さな赤い物体が浮かんでいるのが確認できる」と伝えている。

---fadeinPager---

「この地域では最近、UFOの目撃情報が多い」

撮影者は、ロンドン東部・ライムハウスにあるアパートの13階からレッド・アローズを撮影。撮影時の状況は「天候が悪かったので、空中に鳥はいなく、飛行機もよく見えなかった」そうだ。後日写真を確認し、この奇妙な物体を発見した。「画像を拡大してスペックを上げて見てみると、まるで浮遊しているドングリのようでした。上部が少し赤くなっていることだけはわかりましたが、それが何なのか見当もつきません」と述べている。

撮影者によると、「この地域では最近、UFOの目撃情報が多く寄せられています」とのことだ。

---fadeinPager---

当日の飛行は悪天候により縮小

DAILY STARによると、戴冠式当日のバッキンガム宮殿上空での飛行パフォーマンスは、低い雲と降り続く雨のため、縮小。飛行隊のリーダーであるTom Bould氏は、「高度1000フィート(約304メートル)を飛行するため、雲底がその上にある必要があります。今のところ予報ではその限界に達しています。私たちは空中に出て、バッキンガム宮殿の上空を通過する時点まで、天候を確認することになります」と飛行前にITV newsに述べていた。

SNS上では、「英国王室御用達のUFOだったりして」「もしかしたら宇宙人にとってもビッグイベントで、お祝いに駆けつけたのかも」「みんな落ち着いて、これはただの赤いハート型の風船よ」「メーガン妃のNetflix用ドローンの可能性は?」「この日はおそらく数百万人の人が写真を撮っていたはずなのに、どうしてこの1枚にしか『風船』は写っていないの?」などの声がある。

---fadeinPager---

image_6483441.JPG
@Mirror – Website

---fadeinPager---

戴冠式に出現したUFOを伝えるニュース 

---fadeinPager---

スクリーンショット 2023-05-13 17.32.21.png
戴冠式の飛行パフォーマンス中のコックピット・ビュー rafredarrows-Instagram

---fadeinPager---

悪天候の中、ロンドン上空を飛行するレッド・アローズ 

---fadeinPager---

 

関連記事