マドンナ、ゴルチエの誕生日を祝って過去の“伝説的衣装”着用画像を投稿!

  • 文:さかいもゆる

Share:

1.png
madonna-Instagram

4月25日、マドンナが友人であるデザイナー、ジャン=ポール・ゴルチエの誕生日を祝して、ふたりのメモリアルな画像をインスタグラムのストーリーズに次々投稿。中には、バストが露わになったドレスを着用した写真もあった。その写真は、1992年にマドンナがamfAR(エイズ研究財団)のファッションショーでランウェイを歩いた時のものだ。

音楽界の反逆児であるマドンナと、アヴァンギャルドなクリエイションで知られるゴルチエの最強タッグがスタートしたのは、1985年のアメリカン・ミュージック・アワードの衣装から。この時マドンナは、ゴルチェのアイコニックなコーンブラの付いたコルセットを着用している。

---fadeinPager---

コーンブラはマドンナ史上最も伝説的な衣装に

1990年の「ブロンド・アンビション・ツアー」でマドンナが身につけたゴルチェによるコーンブラのレオタードはマドンナ史上最も伝説的な衣装となり、2012年に48000ポンドという高額で落札された。2012年の「MDNAワールドツアー」のステージ衣装も、ゴルチエが手がけたものだが、このときも「ブロンド・アンビション・ツアー」のコーンブラ・コルセットをオマージュしたデザインが話題になった。

デビュー以来、64歳の現在まで常にファッションのリスクを恐れずに世間に衝撃を与えて来たマドンナ。今年7月から開催される、自身の40周年を記念した欧米ツアーではどんな衣装でびっくりさせてくれるのか、期待したい。

関連記事