40周年記念ツアー決定のマドンナ、『ヴァニティ・フェア』誌で不滅の反逆児スピリットを見せつける 

  • 文:さかいもゆる

Share:

  • Line

64歳のマドンナが、デビュー40周年を記念する「セレブレーション・ツアー」開催を発表。7月15日からのカナダのバンクーバーを皮切りに35都市の北米を回ったあと、10月からはロンドンとアムステルダムを訪れることが決定している。過去のヒット曲を演奏するとあって、チケットは、争奪戦を極めそうだ。

米『Vanity Fair』誌の「アイコン特集号」では、イタリア、スペイン、フランス版の表紙で「マドンナ・フォーエバー」と題し、心臓を7本の剣で差し抜かれた聖母マリアに扮したマドンナがカバーに登場。マドンナがフェミニズムやセクシュアリティ、宗教や多様性について語ったロングインタビューが掲載されている。

---fadeinPager---

このアイコン特集は、同誌が現代文化の形成に貢献した伝説的人物を讃える年間プロジェクトの一環で、キックオフを飾ったマドンナの撮影では、80人ものスタッフが2日間かけて撮影した大掛かりなものとなっている。雑誌中面では女性ばかりが集まった「最後の晩餐」を催すマドンナがイエス・キリストを演じており、ジョン・ガリアーノによるメゾン・マルジェラのほか、グッチにジャンポール・ゴルチエなど、マドンナお気に入りのデザイナーたちの服を纏ったかっこいい姿が、久しぶりに見られる。

最近は過激なSNS投稿ばかりがニュースを賑わせていたマドンナだが、このツアーを発表するためか、インスタグラムでは過去のすべての投稿が削除され、ツアーに関する情報だけがアップされた状態になっている。

インスタに投稿されていたセルフィーは加工されすぎで「宇宙人みたい」「もはや別人」と不評だったけれど、こうやってプロの手によって演出されたマドンナはやっぱり美しく、ポップの女王の威厳に包まれている。今までの投稿を消したのは正解だとすら思えてしまう。

---fadeinPager---

そんなマドンナの楽しみなツアー決定を祝して、過去のセンセーショナルな事件を振り返ってみよう。

・1984年MTVアワードでの「ライク・ア・バージン」パフォーマンスでお尻丸見えに

初めてのMTVアワードに出演したステージで「ライク・ア・バージン」を歌う際、スカートが捲れてお尻が丸見えになる事態に。「お尻が見えていることに気づいていなかったの。でもびっくりするくらいバッチリ丸見えになっていたわ。舞台裏に戻ったとき、マネージャーに言われたわ。『あなたのキャリアは終わったね』って」。当時は女性アーティストが肌を露出することは今ほど当たり前のことではなく、それだけでふしだらだと言われスキャンダラスと見做された時代だったのだ。しかしマドンナはこの事件がきっかけで、かえって注目される存在に。

---fadeinPager---

・1990年「ブロンド・アンビシャス・ツアー」のジャン・ポール・ゴルチェのコーンブラ衣装

 

マドンナの「セクシーなだけじゃない、強い女性」像を作り上げることに貢献したのが、ジャン・ポール・ゴルチェによる数々のステージ衣装。この円錐型のブラにより、マドンナのタフな女王様キャラのイメージが決定的になった。このツアーではパフォーマンスのほかにもアルバム『ライク・ア・プレイヤー』がカトリックのイメージを損なうとして、ツアー中に3度も警察に「逮捕する」と脅されたという。

---fadeinPager---

・2003年VMAでブリトニー・スピアーズと女同士のキス

@iamjasonm Britney x Christina x Madonna kissed! #trending #viral #epic #foryou #throwback #fy #nostalgic ♬ original sound - iamjasonm

2003年のMTVのVMA(ビデオ・ミュージック・アワード)でマドンナがブリトニー・スピアーズとクリスティーナ・アギレラとキスを交わしたことは、VMA史上に残る事件となっている。当時は同性愛がまだ今ほどオープンではなく、それだけに、女同士のキスはショッキングだったのだ。最近になってジェニファー・ロペスが、「本当はあのとき私もキスに加わる予定だったの」と告白してニュースになったばかり。

デビュー以来、常にお騒がせな言動で世間を挑発してきたマドンナ。今回のツアーも伝説に残るステージになることは間違いない。

関連記事

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

・1990年「ブロンド・アンビシャス・ツアー」のジャン・ポール・ゴルチェのコーンブラ衣装

 

---fadeinPager---

・2003年VMAでブリトニー・スピアーズと女同士のキス

@iamjasonm Britney x Christina x Madonna kissed! #trending #viral #epic #foryou #throwback #fy #nostalgic ♬ original sound - iamjasonm

関連記事

ブリトニー・スピアーズがまたしても奇行? 今度は踊りながら“中指を立てる”衝撃投稿


踊りながら中指を立てる、ブリトニーの衝撃インスタ投稿。

ブリトニー・スピアーズが自身のインスタグラムに中指を立てる動画をアップした。踊りながらカメラに向かって振り付けのひとつのように中指を立てるブリトニー。一体何があったのだろうか。

---fadeinPager---

レストランで取り乱した

その前日、メディアはブリトニーがレストランで “取り乱して夫のサム・アスガリがひとりで帰った”と、その様子を捉えた動画とともに報じた。

TMZは“取り乱して夫のサム・アスガリがひとりで帰った”とその様子を捉えた動画とともに報じた。

記事の内容によると、ブリトニーはサムとともにハリウッドのウッドランド・ヒル地区にあるレストランにやってくるも、彼女の存在に気づいた人たちがカメラを回し始めたために感情的になり、訳のわからないことを言い出したとのこと。その様子を見たサムは、ブリトニーを置いて早々にレストランから出て行ってしまった、と伝えている。

インスタの中指動画は、この報道に対する彼女なりの答えなのかもしれない。

---fadeinPager---

「報道は事実ではない」とサム

ブリトニーの動画が公開された後、TMZがサムにインタビューすると、記事に書かれていることは「事実ではない」と当時の状況を話してくれた。

「レストランに居合わせた人たちがブリトニーを見て喜び、カメラを向けたのでストレスに感じて帰っただけだよ」

サムがテーブルを離れ、残されたブリトニーが独り言を言った後にボディガードと共に帰路についた件に関しては「レストランをすぐに離れられるように自分が車をとりにいったから」だと説明した。

---fadeinPager---

夕飯を食べたかっただけなのに

人々からカメラを向けられることに関しては「名声にはつきものだけど」と諦めた様子のサム。しかし、「夕飯を食べようとしているだけなのに、周囲にいる人たちがカメラを向けて録画し始めるんだ。人に対して配慮が足りないのではないかと思う」とも話している。

若い頃からパパラッチに追いかけられ、行動の全てを報じられてきたブリトニー・スピアーズ。あの頃とは異なり、今は誰もがカメラを持っている時代。2008年から続いた成年後見制度が2021年に解除され、自由の身となったが、相変わらずどこに行っても注目されてしまっては心安らぐ時間は少ないのかもしれない。

そう考えると、今の彼女にはカメラに向かって中指を立てる動画をアップする自由がある、と好意的に受け取ることもできるのかもしれない。

関連記事

---fadeinPager---

【動画】ブリトニー・スピアーズがまたしても奇行? 今度は踊りながら“中指を立てる”投稿


中指を立てる動画。

---fadeinPager---

レストランで取り乱した

TMZは“取り乱して夫のサム・アスガリがひとりで帰った”とその様子を捉えた動画とともに報じた。

---fadeinPager---

「“ほぼ全裸”の投稿も…」奇行を心配されるブリトニー・スピアーズが、インスタグラムにカムバック

12月6日にインスタグラムアカウントを停止したブリトニー・スピアーズが、再び投稿を再開。ブリトニーがアカウントを停止したのはこれが初めてではなく、本人は「またうっかりして変なボタンを押しちゃっただけ」とコメントしているけれど、ファンたちは彼女の精神状態を心配しているようだ。

2021年11月に、13年間にわたる実父による後見人制度を解除されて、自由を取り戻した彼女。その開放感による喜びからなのか、インスタグラムではオールヌードのセルフィーを頻繁に投稿。一糸纏わぬ姿でビーチで横たわったり、バスタブに入っていたりするヌードを披露したことも。しかしそれが原因で、元夫ケヴィン・フェダーラインとのふたりの10代の息子、ジェイデンとプレストンからは会うことを拒否されているという。

自身の41歳のバースデーだった12月2日には、後見人制度を巡る裁判で対立していた妹のジェイミー・リン・スピアーズの画像を急にシェア。その翌日には、最近疎遠になっているという息子の画像を投稿して「愛しているわ、あなたたちの顔に触れたい」とコメント。そしてその後12月6日にアカウント停止という情緒不安定ぶりに、フォロワーたちはブリトニーを心配するコメントを続々と投稿している。

---fadeinPager---

「ときには休息が必要」

アカウントを停止した直後には夫のサム・アスガリが、「ブリトニーのSNSの活動は彼女の自由であり、詮索はしないで欲しい」とインスタグラムのストーリーズで訴えた。「SNSは彼女の負担になることもあり、ときには休息が必要だ」と。

元々、裁判所から後見人制度を命じられたのも、ブリトニーの精神不安定が原因。その後は実父により財産の管理はもちろんのこと、スマホもメールも監視され、妊娠しないように避妊リングを強制的に装着させられて自由を奪われてきた。そんな彼女がファンたちの「フリー・ブリトニー(ブリトニーに自由を)」という活動の後押しのおかげで、ようやく自由を手にすることができたのだ。だからこそ、今の彼女の姿を見ていると、やはりメンタルの調子が良くないのではないかと、心配になってしまう。

現在ブリトニーのインスタアカウントのフォロワーは4167万人。中にはアンチも居るだろうけど、きっとほとんどのフォロワーは、11歳で子役デビューして人気アイドルになったのに、2006年にバックダンサーだった元夫ケヴィンとの離婚後メンタルダウンしてしまった彼女のことを、見守るような気持ちで応援しているのではないだろうか。

早過ぎたキャリアの成功により心を病み、家族との関係も分断されてしまったブリトニー。彼女が何度もヌードを投稿するのは、これからは誰の指図も受けないで好きに生きるという、強い意志表明なのかもしれない。

関連記事

---fadeinPager---

【画像】奇行を心配されるブリトニー・スピアーズが、インスタグラムにカムバック

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

ブリトニー・スピアーズがまたしても奇行? 今度は踊りながら“中指を立てる”衝撃投稿


踊りながら中指を立てる、ブリトニーの衝撃インスタ投稿。

ブリトニー・スピアーズが自身のインスタグラムに中指を立てる動画をアップした。踊りながらカメラに向かって振り付けのひとつのように中指を立てるブリトニー。一体何があったのだろうか。

---fadeinPager---

レストランで取り乱した

その前日、メディアはブリトニーがレストランで “取り乱して夫のサム・アスガリがひとりで帰った”と、その様子を捉えた動画とともに報じた。

TMZは“取り乱して夫のサム・アスガリがひとりで帰った”とその様子を捉えた動画とともに報じた。

記事の内容によると、ブリトニーはサムとともにハリウッドのウッドランド・ヒル地区にあるレストランにやってくるも、彼女の存在に気づいた人たちがカメラを回し始めたために感情的になり、訳のわからないことを言い出したとのこと。その様子を見たサムは、ブリトニーを置いて早々にレストランから出て行ってしまった、と伝えている。

インスタの中指動画は、この報道に対する彼女なりの答えなのかもしれない。

---fadeinPager---

「報道は事実ではない」とサム

ブリトニーの動画が公開された後、TMZがサムにインタビューすると、記事に書かれていることは「事実ではない」と当時の状況を話してくれた。

「レストランに居合わせた人たちがブリトニーを見て喜び、カメラを向けたのでストレスに感じて帰っただけだよ」

サムがテーブルを離れ、残されたブリトニーが独り言を言った後にボディガードと共に帰路についた件に関しては「レストランをすぐに離れられるように自分が車をとりにいったから」だと説明した。

---fadeinPager---

夕飯を食べたかっただけなのに

人々からカメラを向けられることに関しては「名声にはつきものだけど」と諦めた様子のサム。しかし、「夕飯を食べようとしているだけなのに、周囲にいる人たちがカメラを向けて録画し始めるんだ。人に対して配慮が足りないのではないかと思う」とも話している。

若い頃からパパラッチに追いかけられ、行動の全てを報じられてきたブリトニー・スピアーズ。あの頃とは異なり、今は誰もがカメラを持っている時代。2008年から続いた成年後見制度が2021年に解除され、自由の身となったが、相変わらずどこに行っても注目されてしまっては心安らぐ時間は少ないのかもしれない。

そう考えると、今の彼女にはカメラに向かって中指を立てる動画をアップする自由がある、と好意的に受け取ることもできるのかもしれない。

関連記事

---fadeinPager---

【動画】ブリトニー・スピアーズがまたしても奇行? 今度は踊りながら“中指を立てる”投稿


中指を立てる動画。

---fadeinPager---

レストランで取り乱した

TMZは“取り乱して夫のサム・アスガリがひとりで帰った”とその様子を捉えた動画とともに報じた。

---fadeinPager---

「“ほぼ全裸”の投稿も…」奇行を心配されるブリトニー・スピアーズが、インスタグラムにカムバック

12月6日にインスタグラムアカウントを停止したブリトニー・スピアーズが、再び投稿を再開。ブリトニーがアカウントを停止したのはこれが初めてではなく、本人は「またうっかりして変なボタンを押しちゃっただけ」とコメントしているけれど、ファンたちは彼女の精神状態を心配しているようだ。

2021年11月に、13年間にわたる実父による後見人制度を解除されて、自由を取り戻した彼女。その開放感による喜びからなのか、インスタグラムではオールヌードのセルフィーを頻繁に投稿。一糸纏わぬ姿でビーチで横たわったり、バスタブに入っていたりするヌードを披露したことも。しかしそれが原因で、元夫ケヴィン・フェダーラインとのふたりの10代の息子、ジェイデンとプレストンからは会うことを拒否されているという。

自身の41歳のバースデーだった12月2日には、後見人制度を巡る裁判で対立していた妹のジェイミー・リン・スピアーズの画像を急にシェア。その翌日には、最近疎遠になっているという息子の画像を投稿して「愛しているわ、あなたたちの顔に触れたい」とコメント。そしてその後12月6日にアカウント停止という情緒不安定ぶりに、フォロワーたちはブリトニーを心配するコメントを続々と投稿している。

---fadeinPager---

「ときには休息が必要」

アカウントを停止した直後には夫のサム・アスガリが、「ブリトニーのSNSの活動は彼女の自由であり、詮索はしないで欲しい」とインスタグラムのストーリーズで訴えた。「SNSは彼女の負担になることもあり、ときには休息が必要だ」と。

元々、裁判所から後見人制度を命じられたのも、ブリトニーの精神不安定が原因。その後は実父により財産の管理はもちろんのこと、スマホもメールも監視され、妊娠しないように避妊リングを強制的に装着させられて自由を奪われてきた。そんな彼女がファンたちの「フリー・ブリトニー(ブリトニーに自由を)」という活動の後押しのおかげで、ようやく自由を手にすることができたのだ。だからこそ、今の彼女の姿を見ていると、やはりメンタルの調子が良くないのではないかと、心配になってしまう。

現在ブリトニーのインスタアカウントのフォロワーは4167万人。中にはアンチも居るだろうけど、きっとほとんどのフォロワーは、11歳で子役デビューして人気アイドルになったのに、2006年にバックダンサーだった元夫ケヴィンとの離婚後メンタルダウンしてしまった彼女のことを、見守るような気持ちで応援しているのではないだろうか。

早過ぎたキャリアの成功により心を病み、家族との関係も分断されてしまったブリトニー。彼女が何度もヌードを投稿するのは、これからは誰の指図も受けないで好きに生きるという、強い意志表明なのかもしれない。

関連記事

---fadeinPager---

【画像】奇行を心配されるブリトニー・スピアーズが、インスタグラムにカムバック

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

Hot Keywords