デルセーがアジア初の旗艦店を渋谷・キャットストリートにオープン!

  • 文:Pen編集部

Share:

ヨーロッパを代表するプレミアムスーツケースブランド、「デルセー(DELSEY PARIS)」のアジア初となる旗艦店「デルセーラボ(DELSEY LAB)」が、4月29日に東京・渋谷キャットストリートにオープンする。 

1946年にフランスで創業し70年以上の歴史を持つ同ブランドは、2022年、コロナ禍前の売上水準を超えて著しい事業成長を遂げ、世界のスーツケース市場で第2位の座を獲得。そんなデルセーが、アジア地域での旅行需要の高まりから、日本の若い世代やアジアからの旅行者に向けて、「旅」へのこだわりを詰め込んだインスタレーション作品を展開する、没入感のあるクリエイティブなフラッグシップストアをつくり上げた。

オープニングのインスタレーションは、浮世絵を始めとする「WA(和)」の文化とアメリカン・ポップカルチャーから着想を得て、カラフルかつダイナミックなイラスト作品を描く日本人アーティスト、BEYの作品によって飾られる。「和×世界旅行」という西洋と東洋を繋ぐ大きなスケールで制作したという作品は、世界へ飛び立ちたいという旅への想いが掻き立てられるはずだ。

exterior.jpg
アジア初となる旗艦店には、東京や、アジアからの旅行客を楽しませるファンタジーな空間を創出した。

オープンにあたって、世界最大の演劇祭『エジンバラ・フェスティバル・フリンジ』で5つ星を獲得するなど、グローバルに活躍するプロデューサー、山田淳也氏を起用し、旅をテーマとしたデジタルインスタレーションやコンテンポラリーアート作品を制作。店内に入ると、まるで壁の向こう側がどこか別世界と繋がっているような不思議な感覚が味わえる。

デルセー1f_4_22.jpg

1階は、アーティストや他社とのコラボレーションのための実験室となるギャラリースペースに。

 

floor_2.jpg
2階には飛行機の壁やラウンジチェアを導入。窓からはデジタルアートで創られた空想的な世界が広がっている。

1階と2階、両階のフロントには、デルセーのシンボルである「ライジングサン」が大きくくり抜かれ、その中にキャットストリートに住む黒猫が現れる仕掛けが見どころだ。

---fadeinPager---

Tokyo yellow.png
「TOKYO」左:55cm ¥93,280 右:73cm ¥108,680

 

★delsey-karat-2.0-00261982121MI[00]-02.jpg
左:「カラット」¥137,280 右:「ランパート」¥47,080

また、デルセーラボの限定モデル「TOKYO」や、「ランパート」や「カラット」コレクションから、宇宙のようなクロームカラーが新登場するなど、注目のアイテムも必見。

新たなフラッグシップストアで、旅への想いが高まるデルセーの特別なプロダクトやアート作品にぜひ触れてみてほしい。

デルセーラボ

住所:東京都渋谷区6-15-4
TEL:03-5427-5519
営業時間:11時〜20時
定休日:火
https://delsey.jp