仮面ライダーテレビシリーズに登場した、悪の秘密結社ショッカー怪人の構成員を紹介!

  • 文:幕田けいた

Share:

超科学を操り、世界征服を企む悪の秘密結社ショッカー。犯罪計画を実行する構成員とはどんな存在だったのか? 1971年から73年のテレビシリーズに登場した怪人たちを、現在発売中のPen最新号『シン・仮面ライダー徹底研究』より抜粋して紹介する。

Pen最新号『シン・仮面ライダー徹底研究』では、映画『シン・仮面ライダー』の公開に合わせ、初期のテレビシリーズや石ノ森章太郎の功績を振り返りながら、庵野秀明監督をはじめとするクリエイターたちのこだわりや、仮面ライダーやサイクロン号などのデザイン、出演者たちの想いを徹底取材!

『シン・仮面ライダー徹底研究』
2023年4月号 ¥950(税込)
Amazonでの購入はこちら
楽天での購入はこちら

---fadeinPager--- 

怪人

秘密結社ショッカーは、世界中から集めた優秀な医者や科学者たちが生み出した独自の改造人間技術により、動植物や昆虫の特性を人間に移植するサイボーグ製造技術を開発。世界征服のための尖兵となる怪人を生み出した。ショッカーと新組織ゲルショッカーは、知力・体力ともに優れ、特殊な技能をもっている民間人を誘拐し、強制的に改造手術を施す。そして洗脳された怪人たちは、それぞれ凶悪な作戦を遂行するため、部下の科学者や戦闘員を指揮。社会の闇で暗躍するのである。その悪事を知っているのは、仮面ライダーやFBIなど、ごく一部の対抗者だけなのだ。怪人は恐ろしい生物兵器だが、ユニークな姿と、生物特有の特殊な能力をもった超人でもある。もちろんバッタの能力を移植された仮面ライダーも、そのひとりなのだ。

蜘蛛男/第1話「怪奇蜘蛛男」

DMA-6.jpg

蜘蛛の能力を有した改造人間。改造の被験者となる大学生・本郷猛の誘拐と、ショッカーを裏切って脱走した緑川博士抹殺のために暗躍した。鋭い両手の爪をもち、人間を溶解させる毒針を口から放つ。鋼鉄並みの強度を誇る蜘蛛の糸を巧みに操り、どこにでも侵入してくる。また発信器を付けた小さな蜘蛛も装備。ライダーキックで倒された、記念すべき怪人第1号。

---fadeinPager---

蝙蝠男/第2話「恐怖蝙蝠男」

DMA-7.jpg

吸血蝙蝠の改造人間で、「人間蝙蝠」とも呼ばれる。両腕の大きな羽根で飛行し、鋭い牙で敵に噛みつきヴィールスを注入。相手を吸血鬼に変えてしまい、自分の思い通りにコントロールしてしまう。ショッカーの科学陣が新たに培養した新型ウイルスの人体実験を行う使命を担っていたが、羽根の中に備えた、ヴィールスを除去できる血清をライダーに奪われた。

---fadeinPager---

サラセニアン/第4話「人喰いサラセニアン」

DMA-8.jpg

食虫植物サラセニアの特性を備えた怪人で、サラセニア人間とも呼ばれる。ショッカーの改造人間手術に耐えられる人材を拉致する任務を行った。ツタをムチのように使い、人間を絞め殺してしまう。また地中を自由に移動することができ、人間を土の中に引きずり込んでしまうのだ。温室に植えられた植物「キングサラセニア」に姿を変え、身を潜めることもできる。

---fadeinPager---

かまきり男/第5話「怪人かまきり男」

DMA-9.jpg

左腕がカマ状になっているカマキリの特性をもった改造人間で、強力な鎖ガマや、命中した人間を溶かす投げ矢が武器。催眠術も得意なのだ。地下で核爆弾を使用する人工地震作戦を遂行しようとして、地震学者の雨宮ちか子を拉致した。「カマキリの卵」と呼ばれるケースに核爆弾の起爆装置を隠し持っていた。スイッチを入れる前に、仮面ライダーにライダーキックで倒されてしまう。

---fadeinPager---

カメレオン男/第6話「死神カメレオン」

DMA-10.jpg

カメレオンの能力をもった改造人間で、死神カメレオンとも呼ばれる。身体の色を自由に変えて姿を隠したり、垂直な壁を登る能力をもっている。また口から飛び出す長い舌や、改造人間である本郷猛をも眠らせてしまう強力な催眠ガスが武器だ。旧日本海軍の潜水艦艦長・砂田少佐が隠したとされる、何十兆円という某国の財宝奪取を使命とするが、仮面ライダーに阻止されてしまった。

---fadeinPager---

蜂女/第8話「怪異!蜂女」

DMA-11.jpg

背中の羽根から催眠性の超音波を発信して人間を自由に操ることができる、蜂の改造人間。毒針が仕込まれた鋭いサーベルが武器である。ショッカー毒ガス製造工場で強制労働をさせる奴隷を集めるため、催眠音波の受信装置を内蔵したメガネを人知れず販売していた。しかしその特殊な超音波も本郷猛には聞こえており、一連の蒸発事件がショッカーの仕業だと見破られる。

---fadeinPager---

ゲバコンドル/第11話「吸血怪人ゲバコンドル」

DMA-12.jpg

コンピューターの計算により、これまで倒された怪人たちの長所だけを集めてつくられたライダー抹殺用の改造人間である。若い女性の血液を常食とする吸血怪人で、腕の翼で空中を滑空し、俊敏な移動が可能だ。また格闘戦でも、一度は仮面ライダーを敗退させたほどの戦闘能力をもち、防御力の面でもライダーキックに耐えられる頑丈なボディを誇っている。

---fadeinPager---

サボテグロン(第14話「魔人サボテグロンの襲来」)

DMA-13.jpg

トゲが信管になっている爆弾「メキシコの花」を使う、サボテンの特性を備えた改造人間だ。地中を移動する能力を有し、右手から発射する炸裂弾やサボテン型棍棒を武器にしている。もともとはショッカーメキシコ支部の幹部で、メキシコ征服計画を90%達成した。手腕を買われ、仮面ライダーの抵抗で征服計画が遅れている日本支部へ赴任した。仮面ライダー2号に最初に倒された怪人である。

shinkamenrider_pen2304.jpg

『シン・仮面ライダー徹底研究』

2023年4月号 ¥950(税込)
Amazonでの購入はこちら
楽天での購入はこちら

関連記事