「ハリウッドでは凡人…」ヘンリー王子夫妻の影響力低下に、王室ウォッチャーが言及

  • 文:山川真智子

Share:

歌手のエルトン・ジョンが開催する毎年恒例のアカデミー賞鑑賞会に、今年はヘンリー王子夫妻の姿がなかったことが、メディアで話題になっている。夫妻は欠席したのではなく招待さえされておらず、その影響力も低下しているという冷淡な意見が出ている。

---fadeinPager---

呼ばれなかった?親交の深いエルトン・ジョンのパーティに姿なし

ヘンリー王子夫妻は、今年のオスカー関連イベントには姿を見せていない。夫妻はこれまでオスカー授賞式に出席したことはないが、ミラー紙によれば、2022年にはプレゼンターとして招待されていたという話もある。

2人が今年アカデミー賞授賞式に姿を見せなかったのは、悪い報道を避けるためだったのかもしれないとミラー紙は述べる。PRの専門家は、そもそも2人のドキュメンタリーはノミネートされていないし、メーガン妃も現在女優業はしていないと指摘。出席する理由もなく、なぜ出てきたのかと勘繰られて悪い印象を与えるのがおちだったと述べる。2人が授賞式に顔を出すとすれば、ノミネートされた場合、人脈作りに必要な場合、今宣伝したいプロジェクトがある場合の3つしかないと解説した。

しかし、エルトン・ジョンのアカデミー賞鑑賞会に姿を見せなかったことは驚きを持って報じられた。豪スカイ・ニュースによれば、このイベントはエルトン・ジョン・エイズ財団への寄付を募るもので、故ダイアナ妃の生前の心情にも近い活動だ。今年はデザイナーのドナテラ・ベルサーチ、女優のエマ・ワトソン、歌手のリナ・サワヤマといった有名人が出席している。

エルトン・ジョンのオスカー・パーティの様子

---fadeinPager---

 

お気に入り日系シンガー、リナ・サワヤマも歌を披露。エルトンも笑顔

---fadeinPager---

デイリー・メイル紙は、夫妻が招待されなかったのか、それとも断ったのかは不明としている

---fadeinPager---

エルトン・ジョンは、ヘンリー王子とメーガン妃の結婚式で歌を披露。故ダイアナ妃とも近く、ずっとヘンリー王子をサポートしてきた人物だ。そんな彼のパーティにさえ招待されなかったのは、セレブの間での夫妻の影響力が失われたことの表れだと、王室ウォッチャーで作家のトム・バウワー氏は指摘。そもそも2人はハリウッドでは名もないカップルだと、メディアに語った。

---fadeinPager---

実は格下セレブ? 王室ウォッチャーが2人の経済状況を解説

ジャーナリストで王室ウォッチャーのダニエル・エルザー氏は、ヘンリー王子夫妻は総額2億ドル(約264億円)の取引にサインして大成功を収めたかに見えるが、実際のところセレブとしては格下だと豪情報サイト、news.com.auでコメントしている。

エルザー氏は、大型契約は結べても、まとまった金がジャンジャン入ってくる状態ではないと解説。また豪華な生活をしているといっても、セレブの象徴ともいえるプライベートジェット利用のアカウントを持てるほどの稼ぎは、今の2人にはないという見解だ。

さらに問題は、自分たちの稼ぎが親しい友達のものよりずっと少ないということだ。夫妻のご近所には、36億7000万ドル(約4820億円)の価値があるというオプラ・ウインフリー、5億5800万ドル(約733億円)のエレン・デジェネレス、5億4380万ドル(約714億円)のオーランド・ブルームとケイティ・ペリーなどがいる。

ヘンリー王子夫妻が、例えすべての契約に見合う報酬を得ていたとしても、こういった一流の友人たちと豪華なテーブルを囲むとき、最も貧しい人々であることに変わりはないとエルザー氏は冷淡だ。

いまやドキュメンタリー番組と回想録の発表により、夫妻のイメージはアメリカでも悪化しており、夫婦の尽きない不満を収益化する現在の戦略は、急速に崩れつつあるとエルザー氏は指摘。もし夫妻が現在の収入レベルを維持するだけでなく、少しでも大金持ちの友人たちに近づこうとするなら、大胆なイメージとキャリアの刷新が必要だと話している。

---fadeinPager---

野望あり? ヘアスタイルもバッチリのメーガン妃

---fadeinPager---

今もアツアツをアピールする、メーガン妃とヘンリー王子

---fadeinPager---

仲のよいオプラのはずだが、ヘンリー王子夫妻のチャールズ王の戴冠式出席に関しては、“思ったようにすればいい”という、第三者的コメントだった

---fadeinPager---

逆転のチャンス?アーチー君とリリベットちゃんに大出世の可能性

もっとも、英ニュースサイト、ザ・アーガスによれば、ヘンリー王子夫妻の子どもたちはハリウッドの影響により、「きらびやかなメディアキャリア」を享受できそうだと、王室に関する著書の多いトム・クイン氏は話している。子どもたちが他の若い王族とともに活動することは「極めてあり得ない」とし、根っからのアメリカ人となり、多大な影響をハリウッドから受けるだろうと見ている。

夫妻はハリウッドで苦戦中と見られているが、子どもたちの活躍が起死回生の一打になる可能性はある。一流セレブとして認められたいというメーガン妃の夢は、王家の血を引くカリフォルニア育ちの子どもたちが叶えてくれるのかもしれない。

メーガン妃の希望?カリフォルニア育ちのプリンスとプリンセス

関連記事

呼ばれなかった?親交の深いエルトン・ジョンのパーティに姿なし

エルトン・ジョンのオスカー・パーティの様子

---fadeinPager---

 

お気に入り日系シンガー、リナ・サワヤマも歌を披露。エルトンも笑顔

---fadeinPager---

---fadeinPager---

野望あり? ヘアスタイルもバッチリのメーガン妃

---fadeinPager---

今もアツアツをアピールする、メーガン妃とヘンリー王子

---fadeinPager---

---fadeinPager---

メーガン妃の希望?カリフォルニア育ちのプリンスとプリンセス