ハリー・ウィンストン、ブライダルフェア開催

  • 文 : 久保寺潤子

Share:

ダイヤモンドの輝きは、人生の門出を祝福するにふさわしい。

「キング・オブ・ダイヤモンド」と称されるハリー・ウィンストン。創始者のハリー・ウィンストンは20世紀初頭、ダイヤモンド商として活躍していた。やがて1932年、ニューヨークに自身の名前を冠した宝飾店をオープンさせると、世界の希少な宝石を数多く所有し世間を驚かせる。

希少価値の高い宝石コレクションは世界の大富豪やコレクター、ハリウッドスターたちの信頼を集め、現在スミソニアン博物館では伝説的な宝石の数々を目にすることができる。日本上陸を果たしたのは1988年。その卓越したクオリティ、デザイン、クラフツマンシップは世界中で受け継がれている。

2023年3月10 日(金)から12日(日)まで、日本国内の全サロンにて、ブライダルフェアが開催される。独自の基準により厳選した最高級のダイヤモンドと、その輝きを最大限に引き出す繊細なセッティングは、永遠の愛を祝福するにふさわしい。

フェア期間中にブライダルリングを購入の方にはオリジナルギフトを、さらに表参道ヒルズ店、東京ミッドタウン店、新宿店、そごう横浜店、名古屋店にて購入の方にはパーク ハイアット 東京にて開催予定の「“Tea in the Winston Garden” Afternoon Tea」ご招待チケットを進呈。

ダイヤモンドへの飽くなき情熱を抱きつづけたハリー・ウィンストンに想いを馳せながら、ふたりの心に残る逸品を見つけたい。

問い合わせ先/
ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション(11時〜18時)
0120-346-376(フリーダイヤル)
※ご来店の際は予約をお勧めします。

関連記事

※この記事はmadamefigaro.jpからの転載です。