TUMIのすべてが詰まった「ALPHA 3」より、ホリデー リミテッド エディション2022が新登場!  

  • 文:高橋一史

Share:

  • Line

Tumi TD_Shot6_1_cropped_3_2_150dpi.jpg
11月1日(火)より全国のトゥミストア、公式ウェブサイトにて発売予定の「ホリデー リミテッド エディション2022 」。展開色はコーテッドブラックのみ。左より、コンパクト・スリング (H26.5×W14×D3.75cm)¥39,600(税込)、オーガナイザー・ポートフォリオ・ブリーフ (H32×W41.5×D9cm)¥77,000(税込)、 ブリーフ・パック(H43×W30.5×D20.5cm) ¥91,300(税込)

アクティブなビジネスパーソンが信頼を寄せる高機能バッグのトゥミ(TUMI)。ラインアップが豊富で、初心者はどれを選べばいいか迷いがちだろう。そんな諸氏がまずチェックすべきは、トゥミのすべてが詰まった「ALPHA 3」コレクション。トゥミのコア(核)となる、高機能でパフォーマンスに優れ、変わり続ける社会にも適応するバッグだ。

さらにデザインに希少性を求めるなら、ここに紹介するホリデー リミテッド エディションがベストチョイスになる。毎年冬のホリデーシーズンにリリースされる限定品。素材や色の変更などにより、定番バッグが巧みにアレンジされている。

本年度2022年版の展開品は、バックパック、ブリーフケース、スリングの3品。本体のベースはトゥミを代表するタフなマテリアル「FXTバリスティックナイロン」。この点は通常品と同じだが、ポケット部分にコーテッドキャンバス素材が採用された。異素材ミックスにより、黒一色のバッグに奥深い立体感が生まれている。クロームメタルのファスナーで輝きを加えたアレンジの妙も見逃せない。マットな通常品とはがらりと異なる顔つきになっている。

同エディションの19年版は赤の色がデザインアクセントだった。20年版はコーテッドキャンバスへの素材載せ替え。21年版は再び赤が使われた。今回の22年版はここ数年で最も都会的、またはモードなムードといえそうだ。ネイビーの裏地も実にスタイリッシュ。古くなった仕事バッグの買い換え気分を後押しする、洗練を極めた限定品である。

---fadeinPager---

2603108CD3E-01.jpg
オーガナイザー・ポートフォリオ・ブリーフ (H32×W41.5×D9cm)¥77,000(税込)

---fadeinPager---

2603108CD3E-02.jpg
ネイビーの裏地も実にスタイリッシュだ。

トゥミ・カスタマーセンター

TEL:0120-006-267
www.tumi.co.jp

Hot Keywords