キャンプシーンにも日常にも、手軽に発電&給電できるジャクリのバッテリー

  • 写真:カワイダヨウスケ
  • スタイリング:小林伸崇(WEAR STRIKER)
  • 文:中島良平

Share:

  • Line

01_020.jpg
キャンプに活用したいソーラージェネレーターは、Jackery 社が提供するポータブル電源と ソーラーパネルを組み合わせたシステムだ。

キャンプブームが続いている。コロナ禍でも屋外で密を避け、楽しめることがきっかけのひとつになっているかもしれないが、外出自粛期間を経て、自然を感じることで気分と意識が解放され、より日常を豊かに過ごせることに気づかされたのもその背景にあるのではないだろうか。川で釣った魚をさばいて炭で焼いたり、トレイルを散歩して写真を撮って、外の空気を感じながらコーヒーを飲んだり。外で風を感じながら昼寝するだけでも気持ちいい。アウトドアではさまざまな行為を通して日常がリセットされる。

そうした楽しみをより豊かに、あるいは、家族など初心者も無理することなく自分のアウトドアの趣味に入ってこられるように、という思いが広がってか、人気が高まっている製品がある。ポータブル電源とソーラーパネルがセットになったソーラージェネレーターだ。

---fadeinPager---

01_077.jpg
Jackeryのソーラーパネル「Jackery SolarSaga」シリーズは80W/100W/200Wのモデルがあり、折り畳み式で持ち運びもしやすい。写真は「Jackery SolarSaga 200」4枚とJackery ポータブル電源 1000 Proのセット製品で、最速1.8時間でフル充電が可能。

製造発売するブランドの名は、Jackery。2012年、「まるで身に着けるように、バッテリーを簡単に使えるようにしたい」という思いを共有するエンジニアたちが、「Jacket(ジャケット)」と「Battery(バッテリー)」を組み合わせた造語を冠してアメリカ・カリフォルニアで創業した。2015年に世界初のリチウムポータブル電源の開発に成功すると、2019年に日本法人が設立され、そのシェアを拡大している。

人気モデルのひとつ、ポータブル電源「Jackery ポータブル電源 1000」がアップグレートし、急速充電技術を搭載した「Jackery ポータブル電源 1000 Pro」が登場した。ソーラーパネル「Jackery SolarSaga」と組み合わせた「Jackery Solar Generator 1000 Pro」として、太陽光を活用して発電し蓄電することで、キャンプにおいても普段の家電を活用しながら快適に過ごすことができる。「Jackery SolarSaga 200」を4枚使用すれば、定格出力1000W(瞬間最大2000W)の「Jackery ポータブル電源 1000 Pro」を最速1.8時間で充電可能という、前モデルの7.5時間から大幅に短縮した高速充電が魅力だ。そして、保証期間5年1000サイクルの長寿命で、家に備えておけば太陽光での発電と蓄電が可能なので、震災時の備えとしても心強い。

01_046.jpg
使い勝手の良さもアップした「Jackery ポータブル電源 1000 Pro」。持ち運びやすい軽量コンパクトなボディに、操作はボタンを押すだけの簡単設計を実現したことが表面のすっきりしたデザインからもわかる。

---fadeinPager---

01_060.jpg
火を起こさずに電気プレートでバーベキューをすれば、後片付けが簡単なだけではなく、エネルギーを含め環境負荷を軽減することが可能。
01_029.jpg
静音性にも優れているので、キャンプ先で機械音に悩まされることもなく、風やせせらぎの音を聴きながら落ち着いた時間を過ごすことができる。

1990年代のキャンプブームでは、ゴールデンウィークと夏休みにはキャンプ場が混雑するが、冬は閑散としていることが当たり前だった。それどころか、冬は閉鎖しているキャンプ場の方が多いぐらいだった。夏にキャンプを、冬にスキーを楽しむというのが当時の遊び方のスタイルのひとつだったからだ。2010年代以降の第2次といわれるキャンプブームでは、初期の頃はやはりゴールデンウィークと夏休みがキャンプ場の繁忙期だったが、この2〜3年、冬も早めの予約が必要なキャンプ場が増えているという。人気の富士五湖周辺のキャンプ場では、11月に入れば最低気温が5℃を下回り、1月にもなればマイナス5℃、マイナス10℃となることも珍しくない。

真冬のキャンプといえば、豊富な経験値と充実したギアを有するエキスパートのための楽しみだったのもひと昔前の話だ。ソーラージェネレーターをうまく活用すれば、寒い夜に電気毛布を使うこともでき、アウトドアを楽しみながら、テント1枚隔てて温かい睡眠環境を確保することもできる。冬の車中泊にチャレンジしたい人も、電気毛布は強い味方になる。キャンプのエキスパートの要求に応える容量を備えながら、激しい揺れに耐えられる対振動、対衝撃、耐低温も実現し安全性が向上したため、初心者も安心して使用できるのが大きな魅力だ。

---fadeinPager---

01_088.jpg
AC出力3ポートに加え、USB-AとUSB-Cがそれぞれ2ポートずつ備わっているので、コンピュータを使いながらデジタルカメラや携帯電話を充電し、他の電化製品も使用できる余裕がある。

ワーケーションという言葉が広まり、コロナ禍でテレワークが一般化した現在、車で近郊の公園などに向かい、普段とは違った仕事の仕方をする際にもソーラージェネレーターを活用できる。コンピュータをつないで仕事し、料理したりコーヒーを淹れたりしながらリフレッシュし、再び頭をクリアにして仕事に集中する。生活に外の空気を取り入れるそんな方法にも大いに役立つ。

---fadeinPager---

01_033.jpg
Jackery ポータブル電源 1000 Proと80Wソーラーパネルを1枚組み合わせた「Jackery Solar Generator 1000 Pro 80W」が¥178,600。ソーラーパネルのパワーや枚数を自在に組み合わせることが可能。

Jackeryは設立10周年、世界販売実績200万台を誇る確かな実績に裏打ちされた企業だ。エコロジカルなアウトドア用の電源ソリューションとして、冒険家たちにポータブル電源とソーラーパネルを提供し、環境に負荷をかけることなく、人間がより自然の要素を楽しめるように革新を続ける。心強いアイテムを手に入れて、雪景色に包まれた冬キャンプや新たなワーケーションの形にチャレンジしてみてはいかがだろうか。

820x360.jpgJackery 10周年プレゼントキャンペーン

10周年記念限定BOXやエコグッズゼットが当たる!
特設サイトや公式Twitter、Instagramアカウントから応募できます。
応募締め切り:11月15日
詳細は特設サイトへ

問い合わせ先:株式会社Jackery Japan
https://www.jackery.jp/

Hot Keywords