大人の余裕を魅せる、洒脱なジョガーショーツ4選

  • 写真:加藤佳男
  • スタイリング:飯垣祥大

Share:

TKS-01_実_IMG_9225_調整済み.jpg

ベルトレスで着脱しやすいジョガーショーツがこの夏も活躍の気配。センタープレスの入ったものや、やわらかな色みのものを選べば大人っぽさも出る。

ドーメルの高級生地を、リラックスして堪能

05_1I0A0450 済.jpg

ラグジュアリーブランドのスーツ生地として用いられるドーメルのトニックウールを採用。さらに裏地はシルク仕立てと、なんとも贅沢なショーツだ。通気性、保湿性、伸縮性を備えており、品のある素材感でセンタープレスもしっかり入っているが、ウエストはゴム仕様でリラックスして穿くことができる。¥53,900/ザ・クラシック(ザ・クラシック TEL:03-6433-5121)

ブルーグレーに映える、蛍光色のドローコード

07_1I0A0432 済.jpg

薄手のナイロン素材にシワ加工を施し、ブルーグレーでムラ染めした立体感あるショーツ。マットな色に添えた蛍光オレンジのドローコードも目を引く。パンツはすべてデザイナー自身の手でつくられており、少量生産ゆえに希少性も高く、見つけたらチェックしてほしい。¥22,880/アンスラックス(アンスラックスストア TEL:03-6875-5780)

サイドを開けばスリットになる、粋なデザイン

08_1I0A0444 済.jpg

バスケットボールのウォームアップパンツに着想を得たショーツ。両サイドに配されたボタンで開け具合を調整できる。裏地もないので風通しがよく、着脱も簡単だ。サマースーツに用いられるウール素材は、トロリとした質感で見た目にも涼し気。一度穿けば手放せない、真夏の大本命になりそうだ。¥42,900/シャーデー(シャーデー TEL:090-7933-7967)

色とベルト、計算されたつくりが洒脱

06_1I0A0430 済.jpg

やや太めに設計されたウエストのリブや、右側面だけアシンメトリーに出したベルトなど、ミニマルなデザインに計算し尽くされたディテールが光る。スポーティなつくりだが、ライトグレーであればやわらかな雰囲気で着こなせる。ベルトも同系色だが色みを絶妙に変えているので、いいアクセントに。¥36,300/リバーバレイト(イーライト TEL:03-6712-7034)

関連記事

※この記事はPen 2022年7月号より再編集した記事です。