目利きが選んだ、初夏の休日にピッタリな絶品“アウトドアビール”3選

  • 文:野田幾子

Share:

  • Line

初夏は、ビールの原材料であるホップが上へ上へとつるを伸ばしながら成長していく躍動の時期。木々の緑や空の青さが日に日に濃くなり、時折夏を思わせる日差しを感じ始めるこの季節に味わいたいビールを紹介しよう。

1.希少な国産ホップを使った、繊細な香りと甘みを味わいたい

まずは、ヤッホーブルーイングの「山の上ニューイ」。山梨県北杜市のホップ農家「北杜ホップス」で栽培された国産ホップ「信州早生(わせ)」と「かいこがね」を使ったビールだ。穏やかなホップの香りとやわらかな口当たり、じんわり感じる甘みの後にくる苦味が印象的。ローストビーフとクレソンのサンドイッチをおともに、山の上ニューイを連れて高原へピクニックに行きたくなる。

●SEN_can_M_2201(1).jpg
長野・山梨エリア限定品だが、ヤッホーブルーイングの公式通販サイト「よなよなの里」でも購入できる。アルコール度数4.5%。350㎖ ¥293 (実勢価格)/ヤッホーブルーイング お客様問い合わせ窓口 TEL:0120-28-4747 ※実勢価格は編集部調べ

---fadeinPager---

2.サワーやワイルドエールを専門にする、北欧のブルワリーが世に送る自信作

トレッキング後の一杯としてぜひお薦めしたいのが、ブレケリエットの「サワー&ソルト」だ。その名の通りやわらかな酸味とミネラルを感じさせるビールで、口の中で広がるコリアンダーの香りがとても印象的。心地よく火照った身体を癒やしてくれるに違いない。

2_サワー&ソルト.jpg
スウェーデンのブルワリー、ブレケリエット独自の自然酵母で発酵させた、ゴクゴク飲めるワイルドエール。フルーツジュレやチーズケーキなど、スイーツとの相性もいい。アルコール度数4.6%。330㎖ ¥960/ディグザライン TEL:03-6803-8656

---fadeinPager---

3.“名古屋メシ”と相性抜群な、さっぱり飲めるミディアムボディ

ワイマーケット ブルーイングの「パープルスカイペールエール」は、ホップの青々しさを思わせるアメリカンホップ「シトラ」の香りが特徴的なペールエール。苦味は控えめで、ビールが口の中を滑り落ちた後に感じる、甘みの引き際がクリアで清々しい。キャンプなどで、気の合う仲間と乾杯して楽しむシーンがよく似合う。

いずれも木々の緑を眺め、爽やかな風を受けながら大自然の中で楽しみたいビールだ。

a816346fa15ac9a023856588cd54cdd9f7a15f15.jpg
名古屋発のクラフトビール。クリアなアメリカンペールエールは、手羽先のような甘辛い“名古屋メシ”と合わせると、酸味が際立ちさっぱり飲める。アルコール度数5.5%。370㎖ ¥440/ワイマーケット ブルーイング名古屋西 TEL: 052-908-0758

今月の選酒人●野田幾子

ビアジャーナリスト。雑誌『ビール王国』に寄稿する他、ビール講座やイベントを多数開催。ビールと料理のペアリングの楽しさを広めている。著・監修に『ビールのペアリングがよくわかる本』や『恋するクラフトビール』など。

関連記事

※この記事はPen 2022年6月号より再編集した記事です。

Hot Keywords