花見の季節に“映える”、島それぞれで違う個性を楽しむロゼ3選

  • 文:浮田泰幸

Share:

  • Line

欧米ではロゼワインブームが続いている。一大産地、フランス・プロヴァンスのロゼ出荷量は2002~18年の間に40%も伸長した。理由として挙げられるのは、近年のライト化した食事にロゼが合うこと、昼間のテラス席で飲むカジュアルなイメージが現代の生活様式にマッチしていることに加え、華のある色合いが“映える”ことも大きい。

1.シチリアの活火山の息吹が伝わる、圧倒的なミネラル感を堪能

「グラーチ エトナ・ロザート」は、イタリア・シチリア島の活火山エトナの山腹、標高600mの畑でつくられる在来品種100%のロゼ。アルベルト・グラーチはエトナきっての敏腕で、高標高・高樹齢のブドウからバローロの逸品を彷彿させる優美なワインをつくる。

aTKS-1_エトナ・ロサード.jpg
シチリアの在来品種ネレッロ・マスカレーゼ100%でつくられる。オレンジオイル、ドライトマト、ハーブの香りと鋼を思わせる圧倒的なミネラル感が特徴。なめらかな舌触りで余韻が長く続く。750㎖ ¥3,740/テラヴェールTEL:03-3568-2415

---fadeinPager---

2.イビサ島のモナストレル種がもつ、バラの香りでリゾート気分に

「イビスクス・ロサード」は、スペイン・イビサ島でモナストレルからつくられる。イビサは古来、地中海貿易の要所だったことから、欧州に拡散した品種の大半が一度はこの島を経由したとされる。このつくり手は、リゾート向けのロゼに特化したワインづくりを展開していて、装いも華やか。

a2_イビスクス・ロサード.jpg
樹齢40~100年のモナストレルを100%使用。圧搾を軽めに止めて優美さをキープ。アプリコット、バラの花の香りにハモン・セラーノを思わせるアロマが。後口に残るリンゴの皮の風味が食欲を誘う。750㎖ ¥4,290/正光社 TEL:03-3683-2811

---fadeinPager---

3.「タスマニアの父」がつくるロゼ泡は、フレッシュなイチゴとスパイスの香り

「ジョセフ クローミー スパークリングロゼ」は、豪州タスマニア島でつくられるシャンパーニュスタイルのロゼ泡。創業者ジョセフ・クローミーはタスマニア島でさまざまな産業を興した「タスマニアの父」と称される人物。不屈のパイオニア精神がワインから立ち上る。

a3_ジョセフクロ―ミー.jpg
タスマニア島は「世界一空気がきれいな陸地」と言われる。ピュアなイチゴの香りと酵母由来のアロマに、白系スパイスやミカンを乾燥させた陳皮のような香りが加わって厚みが増している。750㎖ ¥3,740/ヴァイアンドカンパニー TEL:06-6841-3553

ロゼワインは日本でも、これからの花見シーズンにうってつけのワインだ。ブドウ品種やテロワールに明確な個性がある「島のロゼ」を選んで、ロゼの懐の深さを感じてほしい。

今月の選酒人●浮田泰幸

ライター、ワインジャーナリスト、絵描き。これまで訪問・取材したワイナリーの数は600軒以上。各種メディアへの寄稿、ワインイベントのプロデュースを行うかたわら、絵描きとしてワインラベルなどの制作も手がける。

関連記事

※この記事はPen 2022年4月号より再編集した記事です。

Hot Keywords