世界遺産の公園に誕生した、竜巻のような大迫力の展望台

  • 文:冨田千恵子

Share:

  • Line

COPENHAGEN コペンハーゲン/デンマーク

8-01-MARSK-Image-by-Rasmus-Hjortshoj-BIG-–-Bjarke-Ingels-Group-scaled.jpg
Rasmus Hjortshoj & BIG - Bjarke Ingels Group

ドイツと陸続きのユトランド半島にある、世界遺産のワッデン海国立公園。そのキャンプ場に完成した高さ25mの展望台「マースク・タワー」が注目されている。竜巻のような迫力のあるこの展望台は、海外で評判のBIG建築事務所が久々に地元デンマークで手がけたプロジェクトだ。

創立者兼クリエイティブ・ディレクターのビャルケ・インゲルスは「展望台の中心部には車椅子用エレベーターも備えています。地上から空に向かう階段を昇り降りすることで、湿地帯から海へ広がる視界の変化を楽しめます」と話す。今夏は観光客で賑わうこと確実だ。

https://big.dk/#projects-marsk

【関連記事】

49c6fb91e7e682d648d99cfda5234864338e287a.jpg

NEW YORK ニューヨーク/アメリカ
州知事も市長も予想できなかった、ニューヨークの光あふれる新空港

f928aa167936835b90714b282253916b105b1724.jpg

LONDON ロンドン/イギリス
街にもオフィスにも設置可能な、カプセルオフィスが話題に

768fd9c527a9bc415c2c25a5bd00bd116ef40e7c.jpg

MILAN ミラノ/イタリア
変わりゆく人体をテーマに、北欧デュオが多彩な作品を発表

※この記事はPen 2022年5月号より再編集した記事です。

Hot Keywords