ハイアットからのお年玉? 「初売り」企画で手に入る、贅沢な滞在

  • 文:青山 鼓

Share:

  • Line
パーク ハイアット ニセコ HANAZONO のパークスイートデラックス。広さ 98 m²のコーナースイート は雄大な自然のなかにいるような心持ちに。

国際的ホテルグループであるハイアット ホテルズ アンド リゾーツ。日本でもハイアットの名を冠するいくつものブランドやアンダーズといった名前でホテルを展開している。

そんなハイアット、2021年のお正月からは日本国内向けに「お年玉」と称する宿泊プランを販売しているのだが、この内容がなかなか奮っているので詳しく紹介したい。

「お年玉」として得られるのはホテル内の料飲施設やスパなどの利用で活用できるホテルクレジットであり、一室一泊のルームレート(税・サービス料別)4万円以上のプランを利用する場合は2万円分の「お年玉」が、同様に4万円未満の場合は1万円分の「お年玉」がもらえるというもの。

この「お年玉」企画に加えて、2021年12月27日から先行発売されている2022年の初売りでは、お年玉に加えて「福袋」と称するEクーポンも登場。最大7割引以上のディナー付き宿泊プランをはじめとして、ホテルごとにさまざまな「福袋」があるという。ちなみに初売りキャンペーンは2022年1月9日まで。

では、この「お年玉」そして「福袋」の対象となるハイアットとはどのようなホテルグループであるのか。ご存知の方も多いかと思うが簡単に触れていきたい。

ハイアットは現在、国内で6ブランド・17ホテルを展開しているグループだ。世界的には20のブランドで1000軒以上があり、昨今は新たな企業の買収により主にオールインクルーシブ・タイプの高級リゾートが100軒近くポートフォリオに加わるという。

20のブランドは、「タイムレス(時代にとらわれない、時代を超える)」「バウンドレス(個性的な、型にとらわれない)」「コレクション(独立系ホテル)」という3つのポートフォリオに分類され、それぞれにラグジュアリーからアップスケールなカテゴリーのホテルやリゾートが存在している。

パーク_ハイアット_京都_琥珀_Bar.jpg
パーク ハイアット 京都のバー「琥珀」。八坂の塔や京都の街を一望できる。

なかでもハイアットのラグジュアリーホテルといえば、「パーク ハイアット」。このブランドはタイムレス・ポートフォリオの中の最高級に君臨するブランドだ。建築界のノーベル賞とも称されるプリツカー賞を創設したハイアットの先代会長であるジェイ・プリツカー氏が、その当時ハイアットとして最高峰のブティックホテルをつくりたいという強い思いを抱き、「Home away from Home--旅先でも自宅のように寛ぐホテル」という哲学から、それを具現化したパーク ハイアットが1980年シカゴに誕生した。

以降、世界中に45軒のパーク ハイアットが存在するが、日本には「パーク ハイアット 東京」「パーク ハイアット 京都」「パーク ハイアット ニセコ HANAZONO」の3軒がそれぞれのデスティネーションで華麗な個性を発揮している。

もちろん、というべきか、嬉しいことに、というべきか。この3軒のパーク ハイアットが「初売り」に参加。それぞれのホテルの個性とあわせて「福袋」の内容を紹介したい。

開業当時日本のラグジュアリーホテルの概念を変えたといわれるパーク ハイアット 東京は、ソフィア・コッポラ監督による映画「Lost in translation」の舞台でも知られる。新宿パークタワーの39~52階にあり、東京の大パノラマだけでなく、西側には思わず感嘆するほど大きく見える富士山を望む。

パーク_ハイアット_東京_Diplomat_Suite.jpg
パーク ハイアット 東京のディプロマットスイート。広い窓を備え東京のダイナミックな景色を一望。

特別な機会に訪れたいレストランとして人気の「ニューヨーク グリル&バー」など6つの料飲施設や、ホテル宿泊者と会員にのみ開かれたエクスクルーシブなスパ&フィットネス「クラブ オン ザ パーク」は総床面積2,000㎡超を誇る。天空のプールやジムでの優雅なリラクゼーションも楽しみたい。

パーク_ハイアット_東京_New_York_Grill.jpg
パーク ハイアット 東京のレストラン「ニューヨーク グリル&バー」。

ここでの「福袋」プランはいくつかあるが、中でも注目は100㎡の「パークスイート」での宿泊プラス「ニューヨーク グリル&バー」での特別プレミアムディナー(1室・2名)。販売価格は22万円。

一方、京の都の「ラグジュアリーゲストハウス」として開業した70室のパーク ハイアット 京都は、京文化の魅力とパーク ハイアットのエレガンスを融合する。高台寺前の石畳、ねねの道を下り清水寺へ至る二寧坂に面した老舗料亭「山荘 京大和」の敷地内に建つ。朝食では京大和の珠玉の和朝食を味わうこともできる。ホテルからは京都市街と八坂の塔を同時に眺望。京都の新たなおもてなしスタイルを醸成している。

パーク_ハイアット_京都_ITMPH_P098_Ninenzaka_House_Suite_Living_Area.jpg
パーク ハイアット 京都 プレミアムスイートである二寧坂ハウス。

最後に紹介したいのが、オールシーズンのマウンテンリトリートとして注目を集めるパーク ハイアット ニセコ HANAZONO。世界中のスキーヤーを魅了するパウダースノーの聖地でゴージャスなスキーイン、スキーアウトが楽しめる。今シーズンからナイトスキーも開始。客室は65㎡以上の広さを誇り、9室のスイートは温泉つき。25mの室内プールとスパも完備している。

パーク_ハイアット_ニセコ_HANAZONO_Park Suite Deluxe_Onsen.jpg
パーク ハイアット ニセコ HANAZONO のパークスイート。羊蹄山を望む半露天の温泉つき。

ここでの福袋は、レストラン「炉端」での料理長おまかせ特別ディナーと日本酒3種テイスティングで、なんと価格は1万円(1名)。

今回、初売りキャンペーンに参加している国内ホテルはパーク ハイアットを含む11軒、そのうち5軒が福袋も販売しており、中には7割強の割引となるディナー付き宿泊プランも数量限定である。この初売りキャンペーンでの購入は、入会無料のロイヤルティプログラム「ワールド オブ ハイアット」のポイント対象なので、そちらでの還元も得られる点が嬉しい。2022年の旅行を検討しているなら、この機会にハイアットを活用するのは賢い選択といえる。

ハイアットの「初売り」は2021年12月27日にスタートし、2022年1月9日まで。詳細は以下リンクにて。

ハイアットの初売り 詳細はこちら

ワールド オブ ハイアット ポイントアップ・キャンペーン 詳細はこちら

ハイアットからのお年玉? 「初売り」企画で手に入る、贅沢な滞在

  • 文:青山 鼓

Share:

  • Line

Hot Keywords