イギリスが考える最新の交番は、 DXとサステイナビリティと伝統を融合

  • 文:宮田華子

Share:

  • Line

LONDON ロンドン
イギリス

TKS-1-0035_UW_DSP_London_Stones_002.jpg
Ⓒ unknown works

ロンドンの交番といえば、青い木造の小屋が定番だったが現在ではほとんど残っていない。そんななか、金融街のシティで最新の交番をつくろうとコンペが実施され、建築スタジオのアンノウン・ワークスが受賞。そのデザインが公開された。

やわらかな曲線を描く交番は石材と再生スチールを主素材とし、金融街の歴史が刻まれた外壁には遺跡のような雰囲気も漂う。デジタル通信機器に加え、救命救急機器、自家発電システムも装備の予定。デジタル化やサステイナビリティ、そして伝統の要素が組み込まれた野心的なプラン。シティの顔として長く愛されることを期待したい。

www.unknown.works

関連記事

イギリスが考える最新の交番は、 DXとサステイナビリティと伝統を融合

  • 文:宮田華子

Share:

  • Line

Hot Keywords