写真で対話する写真家たち。『藤井保 瀧本幹也 往復書簡 その先へ』展が開催

  • 文:宇治田エリ

Share:

  • Line
photo by mikiya takimoto

2021年10月30日から11月28日まで、東京・恵比寿にあるMA2 Galleryで、写真家・藤井保と瀧本幹也の初となるふたり展『藤井保 瀧本幹也 往復書簡 その先へ』が開催される。

ふたりの写真家が出会ったのは、いまから29年前のこと。藤井保が撮影した、JR東日本「その先の日本へ。」(1992年)という東北の原風景を捉えた作品は、当時18歳の瀧本幹也の心を動かした。その後、瀧本は藤井に師事。今では師弟関係を超え、互いに刺激しあう存在となったという。

そんなふたりは、2019年の6月から写真を主としたメールでの往復書簡をはじめ、コロナ禍の中でも続けられていった。互いに伝え合ったのは、日常で感じた些細な事、仕事の事、写真への考え方など。スマートフォンやタブレットで気軽に撮影した写真や未発表の過去作品などを用いて、やり取りが続けられたそうだ。

今回の展示では、その2年半に及ぶ長期の往復書簡がテーマとなっている。そして「写真は自分たちにとって何なのか」と問いかけた結果、藤井は40年以上にわたる自身の作品をひとつひとつ見つめ直しながら展示作品を選びだし、瀧本はそれに呼応するように、新作を含む自身の写真を示して対話する。展示は、ふたりが出会うきっかけとなった作品「その先の日本へ。」から始まる。往復書簡の先に写し出される、ふたりの思いの交信を見にいこう。

---fadeinPager---

藤井保.jpg
photo by tamotsu fujii

fujii_portrait.jpg
藤井保 photo:Mikiya Takimoto

takimoto_portrait.jpg
瀧本幹也 photo:Tamotsu Fujii

関連記事

藤井保 瀧本幹也 往復書簡 その先へ

会期:2021 年10 月 30 日(土) 〜11 月 28 日(日)
水曜〜日曜 開廊(火曜はアポイント制)
場所:MA2 Gallery 渋谷区恵比寿 3-3-8 
時間:13:00〜19:00
http://www.ma2gallery.com/

写真で対話する写真家たち。『藤井保 瀧本幹也 往復書簡 その先へ』展が開催

  • 文:宇治田エリ

Share:

  • Line

Hot Keywords