「お酢屋がつくったぽん酢」って?鍋物の季節に向けて要チェック

  • 文:荒井貴彦

Share:

  • Line

1649年創業の食酢の製造・販売を手掛けるマルカン酢は、9月15日から「お酢屋がつくった すだちぽん酢」と「お酢屋がつくった ゆずぽん酢」を新たに発売する。

「お酢屋がつくった ぽん酢シリーズ」の原材料のお酢は、自社でお米から醸造した風味豊かなお酢屋の純米酢。だしは、北海道産真昆布だしと焼津産かつお節だしを使用している。化学調味料や抽出エキスは使用せず、ゆず・すだちのシンプルな味わいが引き立てられている。

さらに今回は、代々木上原のビストロ「MAISON CINQUANTECINQ」など複数のレストラン運営するシェルシュ代表の丸山智博とコラボレーション。同商品で食のシーンを充実させ、いつもとは違う少し贅沢なレシピを提案する。オリジナルレシピはマルカン酢のホームページ内特設ページで公開される。

コロナ禍で家庭の食事が見直されるなか、同商品でいつもの料理もひと味違うものになるだろう。

---fadeinPager---

関連記事

問い合わせ先/マルカン酢株式会社
TEL:0120-041-004

「お酢屋がつくったぽん酢」って?鍋物の季節に向けて要チェック

  • 文:荒井貴彦

Share:

  • Line

Hot Keywords