クライン ダイサム アーキテクツが手がけた、ストライプの外観が目を引く「トグルホテル水道橋」【ウワサの建築】

  • 文:佐藤季代

Share:

  • Line
トグルホテル水道橋。2020年9月竣工。東京都千代田区飯田橋3-11-4。photo: SHINGO NAKASHIMA / SS

近年、日本各地で多様なコンセプトを掲げるホテルが生まれている。今年4月にはJR水道橋駅近くに「トグルホテル水道橋」が開業。総武線の車体を思わせる黄色とグレーのストライプの外観や、客室ごとに異なるバイカラーで彩られた内装はクライン ダイサム アーキテクツ(KDa)が担当。

事務所を主宰するアストリッド・クラインとマーク・ダイサムはロンドンのRCA(ロイヤル・カレッジ・オブ・アート)で出会い、バブル全盛期に次々と発表される革新的な建築に魅せられて来日。世界的な建築家・伊東豊雄の事務所を経て、1991年に独立した。現在は途中加入した久山幸成との3人体制で、長年にわたり建築やインテリアなど幅広い分野でグローバルに活動している。

有名企業やトップブランドの建築を多く手がけてきた彼らだが、それらは銀座や原宿、代官山など東京の街を象徴するランドマーク的な存在となっている。そのひとつが設計コンペを勝ち抜いて実現した「代官山T-SITE」だ。ブランドロゴである“T”をモチーフにしたグラフィカルなファサードに加え、書店を中心に多様な業態を複合させた滞在型店舗が話題に。さらに2016年には、“ソーシャル”を軸とした複合型施設をバンコクで手がけるなど、自由な発想で常に新しい価値観を提案し続けている。

TKS-arc03_8173.jpg
「on/off, your style」をコンセプトに掲げるこのホテルは、ふたつの状態を切り替えるトグルスイッチにちなみ、10タイプ全84室の客室をはじめとする建物全体の配色をバイカラーで統一。photo: SHINGO NAKASHIMA / SS

TKS-arc02_8516.jpg
宿泊者以外も利用できる最上階の9階に併設されたカフェテリアは、白とグリーンが基調となっている。設計は入江三宅設計事務所が手がけ、KDaは建築デザイン監修およびインテリアデザインを担当した。photo: SHINGO NAKASHIMA / SS

---fadeinPager---

クライン ダイサム アーキテクツが携わってきた代表的な建築

【グラフィカルなファサード】

人々が行き交う都心でも目を惹かせる印象的な外観もKDaならでは。頭文字のTや大小異なるアルミの菱形、ダイヤ型のウッドピースなど、ブランドを連想させる幾何学モチーフを連続させたファサードが特徴。

TKS-arc04_B4A1474.jpg
カルティエ 心斎橋ブティック。2021年竣工。大阪府大阪市中央区西心斎橋2-1-3。 photo: Cartier

TKS-arc05_G1A1712.jpg
GINZA PLACE。2016年竣工。東京都中央区銀座5-8-1。photo: Nacása & Partners Inc.

TKS-arc06_ccc_111205_006_grey.jpg
代官山T-SITE / 代官山 蔦屋書店。2011年竣工。東京都渋谷区猿楽町16-15/ 東京都渋谷区猿楽町17-5。 photo: Nacása & Partners Inc.

【星野リゾート】

装飾を施した2枚の葉が折り重なるように開閉するドーム型のチャペルを手がけて以降、3つの円錐形の大屋根が突き出たユニークな形状の滞在施設「ポコポコ」など、長年にわたり星野リゾートの施設を担当。

TKS-arc07_13.jpg
リゾナーレ八ヶ岳 ガーデンチャペル ZONA。2004年竣工。山梨県北杜市小淵沢町129-1。photo: Katsuhisa Kida

TKS-arc08_DJI_0558-HDR.jpg
リゾナーレ那須 POKO POKO。2019年竣工。栃木県那須郡那須町高久乙道下2301。photo: Katsuhisa Kida

【ソーシャル複合施設】

国際色豊かなメンバーが揃うKDaだけに、海外案件も多い。「T-SITE」の海外版ともいえるバンコクの巨大複合施設は、書店を中心にレストランやコワーキングスペース、保育施設などソーシャル機能を備える。

TKS-arc09_Open_House_1©SpaceShift.jpg
Open House。2017年竣工。Level 6, Central Embassy, 1031 Ploenchit Road, Pathumwan, Bangkok 10330 Thailand。photo: SPACESHIFT STUDIO

TKS-arc10_DJI_0073©art4d-magazine_Weerapon-Singnoi.jpg
Think Space B2S。2016年竣工。69, 69/1, 69/2 Pradit Manutham Road Lat Phrao, Lat Phrao, Bangkok 10230 Thailand。photo: courtesy of Corporation 4d Limited / Weerapon Singnoi

Klein Dytham architecture

英国のRCAで出会ったイタリア出身のアストリッド・クラインと英国出身のマーク・ダイサムが1988年に来日。伊東豊雄建築設計事務所を経て、91年に独立し、クラインダイサムアーキテクツを設立。96年に久山幸成が主要メンバーとして加わる。

【師匠】伊東豊雄
革新的な建築で50年以上にわたり日本の建築界をリードし続ける巨匠建築家のひとり。

関連記事

クライン ダイサム アーキテクツが手がけた、ストライプの外観が目を引く「トグルホテル水道橋」【ウワサの建築】

  • 文:佐藤季代

Share:

  • Line

Hot Keywords