ウブロ初の日本ブティック限定ウォッチは、模様が唯一無二のカーボン製

  • 文:笠木恵司

Share:

  • Line
ケースとベゼルに“凍ったような”質感の「フロステッドカーボンファイバー」を採用したウブロの新作「アエロ・フュージョン クロノグラフ フロステッドカーボン」。浮き出た模様は他に同じものがなく、唯一無二という。東京・銀座、伊勢丹新宿店、名古屋、大阪、京都と国内に5店あるウブロの直営ブティックだけで購入できる限定モデル。日本では初めての試みだ。

遠目でもわかる独特の形状と圧倒的な存在感。いかにも機械式らしい雰囲気を放つウブロの時計は、「The Art of Fusion」(異なる素材やアイデアの融合)を旗印として、これまでなかったマテリアルを意欲的に開発・導入。素材の博覧会といっても過言ではない豊富なバリエーションを展開してきた。今年の新作「アエロ・フュージョン クロノグラフ フロステッドカーボン」も、モデル名にあるようにカーボンをケースとベゼルに採用。フロステッド=まさに凍ったような印象を与える模様が時計を覆っている。

525.QK.0170.NR.JPN_IMG1_BLK 800.jpg
ストラップはホワイトファブリック(裏面はブラックラバー)のほかに、ブラックラバーストラップも付属。コントラストが鮮やかなブラック&ホワイトの組み合わせと、ケースとトーンが異なるスタイリッシュなブラックの2パターンを楽しめる。

---fadeinPager---

奥ゆきあるスケルトンダイヤル

カーボンは超軽量でねじれなどにも強いため、競技用自転車のフレームなどに使用されてきた。ウブロではカーボンにホワイトのコンポジットを加え、耐久性をさらに高めたフロステッドカーボンをケースに採用。艶消しのマットブラックの闇の中に浮かび上がった模様は時計によってそれぞれ異なるため、唯一無二の特別な個性といっていい。

素材から先に紹介したが、「アエロ・フュージョン クロノグラフ」は、アエロ=空気が吹き抜けるようなスケルトンが特徴。9時位置の30分積算計、3時位置のスモールセコンド、2つのサブダイアルを持つ2カウンター・クロノグラフとしての視認性を確保しながらも、ムーブメントが見られる奥ゆきの深い立体的な構造になっている。

hublot closeup.jpg
「The Art of Fusion(異なる素材やアイデアの融合)」をコンセプトとするウブロでは素材開発も積極的。「フロステッドカーボン」は、唯一無二の模様だけでなく、超軽量で耐久性にも優れている。スケルトンのクロノグラフとの組み合わせが絶妙。

---fadeinPager---

ブラックラバーのストラップも付属

ブラックのエッジが効いたホワイトファブリックストラップも秀逸にフィット。ラバーが裏側に縫合されているため、耐久性にも優れている。ピュアなブラックラバーストラップも付属しており、これに付け替えれば時計本体とトーンの異なるスタイリッシュなブラックスタイルを楽しめる。ちなみに、この新作は国内に5店舗あるウブロ直営ブティックでしか購入できない。限定モデルというプレミアム感も魅力だ。

かつてウブロのモデルを「覇者の時計」と評した人がいる。際立った個性と迫力ある量感を備えた時計を腕にするには、確かにそれなりの自信が必要かもしれない。そんなモデルをカーボンによって超軽量化。覇者の内面に隠されているデリケートな心象を、複雑な模様で表現した新作とも解釈できそうだ。

525.QK.0170.NR.JPN 800.jpg
9時位置に30分積算計を持つ2カウンターのクロノグラフ。3時位置はスモールセコンド。自動巻き、フロステッドカーボンファイバー、ケース径45㎜、5気圧防水。国内5店舗の直営ブティックのみで販売。ウブロ「アエロ・フュージョン クロノグラフ フロステッドカーボン」¥2,200,000(税込)

問い合わせ先/LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ウブロ TEL:03-5635-7055

ウブロ初の日本ブティック限定ウォッチは、模様が唯一無二のカーボン製

  • 文:笠木恵司

Share:

  • Line

Hot Keywords