グラフィックアーティストYOSHIROTTENが偏愛する、音楽系ロングTシャツ

  • 写真:加藤佳男
  • 文:力石恒元
  • イラスト:阿部伸二(karera)

Share:

  • Line

YOSHIROTTEN●1983年、鹿児島県生まれ。アートディレクター、デザイナーとしても活躍。2015年にクリエイティブスタジオ「YAR」を設立。グラフィック、映像、立体、インスタレーション、音楽などさまざまな表現方法で作品制作を行う。

YOSHIROTTEN(ヨシロットン)さんがロングTシャツを着る理由は単純明快。スタジオで過ごすことが多く、空調の整った部屋の中ではロングTシャツ一枚のスタイルが適しているからだ。とりわけ、自分が好きなカルチャーとデザインが交わる、音楽や本のレーベルが手がけたものを集めている。その時々でアップデートされる気分に合わせて服を選ぶため、ここ1年以内に手に入れたものを着ることが多いという。彼自身もイベントグッズとしてロングTシャツをつくる。正面は胸元にロゴが、背面にどんとグラフィックが入っているデザインが、彼なりのベスト・バランスだ。

「あえてロングTシャツをつくるという時点で、つくり手のこだわりを感じます。普通のTシャツと比べて高価なボディを使用し、アームにデザインやメッセージなど多くの情報を入れられますから。特別感を備えていると思います」

デザインという視覚上の面白みに加え、カルチャーを織り込んだロングTシャツには別の楽しみ方がある。

「デザインを見て、このレーベルが好きならこんなお店に行ってそう、これを着ているならあのフェスに行ったんだなと、文化的なメタ情報を読み取って人柄を知ることができる。親近感が湧いて、実際声をかけちゃいます」


【関連記事】

人気クリエイターYOSHIROTTENがデザインした、スペシャルラベルの「スワンレイクビール」が発売 

期間限定のインターネットラジオ放送がスタート! ヴェロニク・ニシャニアンが語る、「ラジオエルメス」のメッセージとは。

雑誌『Pen』が手がけるオリジナルドラマ「光石研の東京古着日和」。気になるシーズン2の行方はどうなるの!?

札幌を拠点とするオルタナティブバンド「the hatch」のもの。

パリの音楽レーベル「グッド モーニング テープス」より、アーティストのD.K.がリリースしたカセット『THE GODDESS IS DANCING』のジャケットをプリント。

コラージュアーティスト河村康輔と自身のユニット「UTOPIE」が、福岡のプロジェクトスペース「ユニオンソーダ」で開かれたチャリティイベントのために制作。

NYのミュージシャン、アンソニー・ネイプルズのアルバム『Take Me With You』のアートワークと発売レーベル「グッド モーニング テープス」のロゴを胸に配した。「右腕にモチーフの星座が描かれているデザインが好き」

愛聴するアーティスト、ジョニー・ナッシュと野外フェス「レインボー・ディスコ・クラブ」がコラボした際に制作したレアな一品。ナッシュが主宰する音楽レーベル「Melody As Truth」と自身のプロジェクト「FUTURE NATURE」のロゴを右腕にプリント。

Melody As Truthのロゴと名前だけのミニマルなデザイン。

友達のDJユニット「MONKEY TIMERS」が開くイベント「DISKOKLUBB」で購入。

写真家コーリー・ブラウンが手がけるインディパブリッシャー「Silent Sound」とブルックリンのアーティスト、B.トム スティーヴンソンのコラボTシャツ。

日本の音楽レーベル「Chill Mountain」発のアルバム『Metcha Quito-Vol.2-』のアートワークに登場する人物のシルエットを、ロングTシャツのデザインに落とし込んでいる。

※Pen2020年9/15号「あたらしい定番と、自分のための定番」特集よりPen編集部が再編集した記事です。

グラフィックアーティストYOSHIROTTENが偏愛する、音楽系ロングTシャツ

  • 写真:加藤佳男
  • 文:力石恒元
  • イラスト:阿部伸二(karera)

Share:

  • Line

Hot Keywords