巨匠ピエール・エルメが、日本ファッションとコラボ! 笑顔を誘う、楽しい服と小物ができました。

  • 文:高橋一史

Share:

  • Line
構成、文:高橋一史
写真:宇田川 淳

Vol.48 巨匠ピエール・エルメが、日本ファッションとコラボ! 笑顔を誘う、楽しい服と小物ができました。

ピエール・エルメ

グレースウェットシャツと白Tシャツの胸には、カタカナで「ピエール・エルメ」のネームが。ユーモラスなこれらの服には、なんとも不思議な魅力があります。それは、一流パティシエの名前がもつ力でしょうか。もしくは、日本語を服に使うトレンドを巧みに捉えたセンスにあるのでしょうか。その秘密を探っていきましょう。

ともに2018年11月に東京にできた、「Made in ピエール・エルメ 丸の内」のオリジナルです。この店は、スイーツのマカロンを我が国に広めた立役者でもあるピエール・エルメが、敬愛する日本各地の生産者とコラボした商品を集めた新業態のコンセプトショップ。服にも使われたロゴをディレクションしたのは、人気グラフィック・デザイナーの平林奈緒美です。掲載の服が洒落て見えるのは、細幅フォントを縦書きに組んだタイポグラフィーによるところ大でしょう。

さらに注目なのは、服そのものが日本の最良のモノづくりであること。スウェットシャツの製造は「ループウィラー」で、Tシャツは「KUME.jp」です。ループウィラーは、旧式の吊り編み機で編んだ柔らかいスウェットシャツの代名詞的なブランド。KUME.jpは、半世紀以上に渡りTシャツをつくり続けてきた久米繊維のブランドです。日本が世界に誇る“衣” と、フランスの “食” とが結びついたコラボレーションなのです。生活に密着した食が勢いを増すいま、ファッションもこの分野と連携することで、新たな道が開けるのかもしれません。

Tシャツや前述のスウエットシャツは、裾に店の住所や営業時間を記した文字がプリントされています。シンプルながら奥行きのあるグラフィックです。Tシャツの袖口や裾の縫製は、生地の伸び縮みに対応する「天地引き」。着用時の強いひっぱりにも耐える仕様です。カットソー製造の老舗である久米繊維のこだわりが込められています。男女兼用で、サイズはS/M/L。

白くクリーンなキャンバストート、エプロンも見逃せません。バイカラー配色がモダンな写真右のトートは、お手頃価格が嬉しいエコバッグタイプ。左のエプロンは、デザイナーズブランド「アトリエ ベトン」とのコラボアイテム。同ブランドは、「着る/知る」の<Vol.42 エプロンの完成度が高すぎて売れ筋一位に。次世代リラックスウエアの、本命ブランドはこれか !?>でも紹介した個性派です。旬の注目株に目をつけた、ピエール・エルメの目線に脱帽です。

右から、トート ¥2,700(税込)、エプロン ¥8,100(税込)/ともにピエール・エルメ(Made in ピエール・エルメ 丸の内 TEL:03-3215-6622)


カジュアルな路面店、「Made in ピエール・エルメ 丸の内」

photo:Kazushi Takahashi

新商業施設「二重橋スクエア」1階に誕生した店は、ブランド店やレストランが軒を連ねる丸の内仲通り沿い。誰もが散歩がてら、気軽に入れる空間です。詳しい解説はTokyo Guideの、<名パティシエの“日本愛”が詰まった「Made in ピエール・エルメ 丸の内」は、まさかのBentoが絶品です。>をご覧ください。

photo:Kazushi Takahashi

スタッフのユニフォームも、すべて日本製なのがこの店の流儀。テイクアウトできる料理やスイーツ、食材はもちろん素敵ですが、日本でモノづくりされたジェンダーレス・ファッションをこの店で発見できることにも、ぜひご注目を!

スウェットシャツにつけられた、ループウィラーのネームタグ。
記事冒頭右のスウェットシャツ  ¥18,360(税込)、左のTシャツ ¥4,860(税込)/ともにピエール・エルメ(Made in ピエール・エルメ 丸の内 TEL:03-3215-6622)
※スウェットシャツは生産数限定につき在庫僅少

Made in ピエール・エルメ 丸の内
東京都千代田区丸の内3-2-3
TEL:03-3215-6622
営業時間:10時~22時
不定休
www.pierreherme.co.jp/ph/

巨匠ピエール・エルメが、日本ファッションとコラボ! 笑顔を誘う、楽しい服と小物ができました。

  • 文:高橋一史

Share:

  • Line

Hot Keywords