Eat 名パティシエの“日本愛”が詰まった「Made in ピエール・エルメ 丸の...

名パティシエの“日本愛”が詰まった「Made in ピエール・エルメ 丸の内」は、まさかのBentoが絶品です。

写真:湯浅 亨

Made in ピエール・エルメ 丸の内

Made in ピエール・エルメ 丸の内

エリア:丸の内

「パティスリー界のピカソ」と呼ばれている、ピエール・エルメ。そんな彼が仕掛けた新しい店「 Made in ピエール・エルメ 丸の内」がオープンしました。1号店がオープンしたのは日本だったこともあり、大の日本通で知られているピエール・エルメですが、この店のテーマは「日本の素晴らしいものを東京・丸の内から世界に発信する」。スイーツだけでなく日本の生産者たちとコラボしたデリや食料品が数多く並ぶという、斬新な店なのです。

まず驚いたのが店名を「PIERRE HERMÉ PARIS」ではなく「ピエール・エルメ」とカタカナ表記にしているところ。しかも縦書きです。このロゴのディレクションを手がけたのは、平林奈緒美。さらに内装はワンダーウォールの片山正通、店内の音楽は「NF」の山口一郎と青山翔太郎、商品のセレクトは山田遊と、第一線で活躍する日本のクリエイターたちとのコラボレーションも見逃せません。

そしてさらに驚きなのが、「Bento」(弁当)を売っていること。さすがピエール・エルメ、パティシエらしく色合いも鮮やかで味も繊細。これ、レストランで食べたら、数千円はしますよね?と言いたくなるほどのクオリティに、もはやひれ伏すしかありません。

醤油や米、海苔など日本の優れた生産者とのダブルネームで展開する食料品も販売。外国の方へのお土産にもピッタリです。ピエール・エルメのフィルターを通して日本のカッコよさを発見できる、そんな新しい可能性が詰まったこの店。丸の内勤務でなくとも、ぜひ立ち寄ってみては?


上写真:2018年11月8日にオープンした二重橋スクエアの1階にある店。暖簾のようなファサードからして、どこか日本らしさを感じさせます。

名パティシエの“日本愛”が詰まった「Made in ピエール・エルメ 丸の内」は、まさかのBentoが絶品です。

おかずを選べる「ルル弁当」¥1,296(税込)。「ピエール・エルメ」を縦書きにした時に、左から右に読むと「ルル」と読めることから名付けられました。右側に盛り付けられた、しっとりとした鶏肉とバルサミコ酢のソースが、下のライスと相性バツグン。デザートはもちろん左上のマカロンです。

名パティシエの“日本愛”が詰まった「Made in ピエール・エルメ 丸の内」は、まさかのBentoが絶品です。

「グリーンサラダ」¥864(税込)。色鮮やかなサラダに含まれるのは、ブロッコリーやインゲン、キュウリなど。砕いたヘーゼルナッツがアクセントです。シンプルな料理ですが、絶妙なゆで加減です。

名パティシエの“日本愛”が詰まった「Made in ピエール・エルメ 丸の内」は、まさかのBentoが絶品です。

もちろんスイーツも、抜かりなくおいしい。「マフィン イスパハン」¥378(税込)、「ヘーゼルナッツのフィナンシェ」¥486(税込)、「ホットコーヒー」¥432(税込)

名パティシエの“日本愛”が詰まった「Made in ピエール・エルメ 丸の内」は、まさかのBentoが絶品です。

ドレッシングや米、ワインなど、手土産にもお薦めな商品も購入できます。特にユニークなのが、カレーやピラフなど洋食向けの「洋風」と、和食向けの「和風」の米、2種が揃うこと(各¥1,512、税込)。両方買って食べ比べたくなります。

    東京都千代田区丸の内3-2-3
    TEL:03-3215-6622
    営業時間:10時~22時
    不定休
    www.pierreherme.co.jp

Eat 名パティシエの“日本愛”が詰まった「Made in ピエール・エルメ 丸の...