宙空の美を湛える「カンパノラ」とともに感じる、時を愛でる愉しみ

  • 写真:宇田川 淳
  • スタイリング:石川英治
  • 文:柴田 充

Share:

  • Line

太陽を彷彿させる12時位置のカレンダーに、漆と螺鈿(らでん)で描いた銀河に浮かぶ精細な月。腕に巻いた宙空の美を湛える「カンパノラ」を眺めながら、日常に訪れる豊かな時間に浸っていたい。

かつて時を知らせ、人々をつないだ教会の鐘から名付けられたその時計は、いま腕元でパーソナルな時間をより豊かに演出してくれる。まさに時を愛でる愉しみを教えてくれるのだ。

新しい生活が始まり、目に映る風景は変わってはいないものの、日常に確かな変化を感じる。たとえば自分の時間と向き合った瞬間に。ほんのささいな充足感であっても、だからこそ大切にしたいと思うのだ。「カンパノラ」は、そんな時をともに過ごし、その喜びをもたらしてくれる。文字盤は無限の宇宙を思わせ、太陽の光によって確かな時を刻み続ける。それと呼応するムーンフェイズも美しい。日常がなによりも愛おしくなるのだ。

---fadeinpager---

コーヒーのもたらす至福にも似た、静謐なカンパノラの美しさ

薫り立つコーヒーとともに、充実したひと時をカンパノラは豊かに彩ってくれる。白文字盤とステンレスブレスレットの組み合わせは、ドレッシーかつアクティブにも使え、あらゆるシーンに応える。

時間は生活に欠くべからざる社会規範であり、腕時計は身近でそれを計る大切な道具だ。だがそのことを意識し、時刻を知るためだけに着ける者はいないだろう。よりパーソナルな存在として気持ちを投影し、自分らしく生きるための道しるべになるといっていい。カンパノラはまさに腕元の相棒だ。

文字盤は、時刻を示す3本の針を中央に、上部に日付、左右に曜日と月を表示する。円をモチーフに何層にも立体的に連なる様子も美しい。なかでもとりわけ存在感を湛えるのがムーンフェイズだ。塗り重ねた漆に螺鈿を施した銀河に、精細な月が浮かび、その美しさに見惚れてしまう。それは一杯のコーヒーのもたらす至福にも似ているかもしれない。ていねいに豆を挽き、じっくりと時間をかけて淹れる。その一つひとつの手間が期待を高め、漂う薫りに既に深い味わいは始まっているのだ。静謐な時を刻むカンパノラの針が、せわしない日常から解放してくれる。

小さな文字盤も拡大するとその無限の世界に驚かされる。月、日付、曜日のフルカレンダーの多彩な要素が絶妙に調和する。ムーンフェイズの月は版を8回重ねて細部まで表現した。

人間は、天空の動きから時間の概念を生み出した。太陽が上り、沈む。代わって現れる月は満ち欠けし、姿を変える。時間と暦とがそこにあり、カンパノラの文字盤から想起するのも太陽と月だ。天頂の太陽を思わせるポインターデイトと対照的に、広がる夜空に月が浮かぶ。月のバイオリズムは、植物の生育を通し農業や林業に大きな影響を与え、さらに潮位の変化は漁業や航海において重要な役割を担っていた。現代の日常では月齢の実用性は高いとはいえないまでも、キリスト教のイースターの復活祭は毎年春分の満月から決まるように、宗教や生活習慣に確実に残っている。むしろ季節の感覚さえも薄れがちな都市生活だからこそ、ムーンフェイズという大いなる自然界の暦は必要なのかもしれない。それが常に腕元にあるという安心感とともに、ときには夜空の月を見上げる気持ちの余裕さえも与えてくれるだろう。

---fadeinpager---

明日への準備を整える腕元に、カンパノラが似合う

アイロンがけは、シャツを仕上げるだけではなく、自分自身を整えるため。それは最高のリラックスタイムだ。リングソーラーセルと同色のネイビーストラップはスタイリッシュな一体感が魅力。

休日の夜、明日から再び始動する日常に向けて準備を整える。格好のウォーミングアップになるのがアイロンがけだ。クリーニングに出すのもいいけれど、自分の手で仕上げることでお気に入りのシャツへの愛着も増す。アルコールを軽く嗜み、新しい1週間に思いを馳せながら一心に手を動かす。LPレコードを返すタイミングもひとつの区切りだ。たとえリモートが常態化しても、これは変わらぬ気持ちの整え方であり、なにより気分転換なのだ。

そんな腕元にはカンパノラが似合う。太陽の光で駆動するエコ・ドライブを搭載し、文字盤の外周に設けたリングソーラーセルで受光することで、文字盤は透過性を必要とせず、多彩な装飾も可能にした。ことさら気負うことなく、フルカレンダーやムーンフェイズを動かすにも十分なパワーを自然に蓄えるということだ。そしてリラックスした時間を過ごしているうち、いつしか気持ちも充電されるのである。

12時位置のサブダイヤルは電気鋳造で輝きのあるパターンをつくり出し、太陽の力を表現。6時位置のサブダイヤルは漆を手作業で丹念に塗り重ね、螺鈿で宇宙を流れる銀河がデザインされている。
文字盤の外周に備えたリングソーラーセルによって、一般的な時計文字盤と同様にメタル素材を使用。せり上がった五徳リングが文字盤上に影をつくり、全体の奥行きをさらに演出する。

カンパノラは2000年の誕生以来、変わることなく“宙空の美”をデザインコンセプトに掲げてきた。それは、支柱でせり上がった五徳リングをはじめとする多層構造による建築物のような文字盤に由来する。ドーム状のガラスに遮られた三次元空間は、まさに無限の宇宙であり、刻み続ける針の動きは、時間には絶対的な長さだけでなく主観的な奥行きがあることを改めて感じさせるのだ。量と質という時の深遠に触れる。そんな示唆に富むのである。

各モデルには、個性によって天満星(あまみつほし)天彩星(あまいろほし)紺瑠璃(こんるり)といった名が付けられ、手に取ればそれぞれの情緒的な世界観が伝わってくるだろう。文字盤には、ブランド名の由来となり、紀元5世紀に史上初めて人々に時を知らせたといわれる教会の鐘カンパノラベルをモチーフにしたマークを記し、時と人の関わりというロマンティシズムをいつだって感じさせる。

ホワイトベースのエレガントなスタイルに、漆のムーンフェイズの存在感が際立つ。エコ・ドライブ、ケース径43.5㎜、ステンレスケース&ブレスレット、日常生活防水。天満星(あまみつほし) 「BU0020-71A」¥341,000(税込)
文字盤やインダイヤル、リングソーラーセルをブラックに統一し、引き締まった印象に。エコ・ドライブ、ケース径43.5㎜、ステンレスケース&ブレスレット、日常生活防水。天彩星(あまいろほし)「BU0020-71E」¥341,000(税込)
ネイビーとホワイトの精悍なカラーに、カーフストラップの着け心地も優れる。エコ・ドライブ、ケース径43.5㎜、ステンレスケース&ブレスレット、カーフストラップ、日常生活防水。紺瑠璃(こんるり)「BU0020-20A」¥286,000(税込)
問い合わせ先/シチズンお客様時計相談室
TEL:0120-78-4807 https://campanola.jp

宙空の美を湛える「カンパノラ」とともに感じる、時を愛でる愉しみ

  • 写真:宇田川 淳
  • スタイリング:石川英治
  • 文:柴田 充

Share:

  • Line

Hot Keywords