WMFの鍋から始まる、豊かな暮らし。

PROMOTION

料理は準備から始まるもの。機能的で美しいデザインの料理道具を使うと準備が楽しくなることは、多くの人が経験からご存じだろう。
名品と呼ばれる料理道具の中でも、ドイツのWMF(ヴェーエムエフ)の「フュージョンテック ミネラル」シリーズの鍋は、
優れた機能性と美しさ、扱いやすさを兼ね備えた人気のアイテム。
このシリーズの鍋を使って、肉と野菜の煮込み料理「ナヴァラン」をつくってみよう。

ドイツのクラフトマンシップ
による高い技術。

「フュージョンテック ミネラル」シリーズの特徴は、ドイツの高いクラフトマンシップが息づく革新的な技術により、厳選された天然鉱石と特殊鋼を融合させて一層化したミネラル素材。WMF(ヴェーエムエフ)独自のこの素材は、含有成分のセラミック等が高い遠赤外線効果を発揮し、料理をおいしく仕上げてくれる優れものだ。天然素材は酸やアルカリの影響を受けないため、つくった料理を鍋ごと冷蔵庫で保存することも可能。今回使う「ハイキャセロール」は、つくり置きなどで一度に多くの量をつくりたい時や、煮物などに便利な深型の鍋だ。

無水調理が可能で
素材本来の栄養価をキープ

「ナヴァラン」は、フランスの仔羊肉の煮込み。仔羊肉と野菜を炒め、トマト缶やハーブを加えてじっくり煮込んだごちそうだ。「フュージョンテック ミネラル」シリーズのハイキャセロールは、無水調理ができるため、鍋の遠赤外線効果で引き出された食材の旨味と栄養価を活かし、余計な水や調味料を使わずに「ナヴァラン」をつくることが可能。遠赤外線効果は鋳物ホーロー鍋に匹敵するが、鋳物ホーロー鍋より軽く、扱いやすさも抜群だ。また、内面がガラスのようになめらかで焦げ付きにくいため、肉や野菜を炒める際の油は少量でOK。万が一焦げ付いても、するっと落ちるのでお手入れが簡単なのもうれしい。

遠赤外線効果で
おいしく仕上がる。

準備から40分ほどで完成した「ナヴァラン」は、鍋自体のもつ遠赤外線効果で食材の旨味が引き出されているため、塩・コショウ以外の調味料を使わなくても滋味深い味わい。やわらかく煮えた野菜にも仔羊肉の旨味がしみ、秋の夜長にワインが進む。「フュージョンテック ミネラル」シリーズの鍋は蓄熱性が高いため、寒い季節でもつくった料理が冷めにくい。

WMF (ヴェーエムエフ)
フュージョンテック ミネラル

1853年にドイツで設立されたWMF(ヴェーエムエフ)は、シンプルさと機能美を備えたデザインに定評のある、キッチンウェアおよびテーブルウェアのブランド。「準備する」 「料理する」「味わう」「語らう」という4つのシーンに合わせて幅広いラインアップを提供し、世界約90カ国で愛用されている。サビに強く美しい輝きを保つ「クロマーガン」 シリーズや、硬度と強度に優れた「ダマスティール」など、素材へのこだわりはWMFの特徴のひとつ。厳選された約30種類の天然鉱石を高温で融解して一層構造にした 「フュージョンテック ミネラル」は、WMFが「おいしさ」「使いやすさ」 「美しさ」を追求して開発した鍋・フライパンのシリーズだ。「フュージョンテック ミネラル」の素材はセラミックを含有しているため、遠赤外線効果が発揮され、食材にじっくりと熱を入れて旨味を引き出すことが可能。調理の様子が見える透明なガラス蓋や、液だれしにくいフチ加工、食器洗浄機対応など、毎日の料理に役立つ便利さも備えている。