身軽な旅にぴったりな抜け感! ビバリーヒルズど真ん中のホテル
31

身軽な旅にぴったりな抜け感! ビバリーヒルズど真ん中のホテル

アバロン ホテル ビバリーヒルズ(ロサンゼルス)

スタイリストをしている知人にリコメンドしてもらったホテルのひとつです。
私は友人家族と一緒に泊まったのですが、ファミリー利用よりもビジネスで来た時に身軽に動いたり、もしくはひとりでしっぽりしたり、といったシーンに最適なホテルだと感じました。

1948年に伝説的グラフィック・デザイナーのアルヴィン・ラスティグとサム・ライズボードが手がけたホテル「The Beverly Carlton」をリノベーションしたホテルで、かつてはマリリン・モンローも滞在していたそうです。

1999年に、デザイナーのケリー・ウェアスラーとフォトグラファーのジュリアス・シュルマンがヴィンテージ写真をヒントに1950年代半ばのデザインを表現してリオープン。
84室のシンプルなデザインの客室、カーヴィーな大型プール、アメリカ伝統料理を提供するレストラン&バーのみで構成されています。小規模なプライベート・パーティに最適な広さなので、貸し切りになっている時も多いです。

周辺にあるビバリーヒルズらしいゴージャスなホテルとは180度異なる、クールでヒップなホテルです。


私の中で言う、「抜き」を表現したホテル。
デザインや機能もやり過ぎたり行き過ぎたりすると疲れてしまうことがありますが、こちらのホテルは、朝でも夜でもほどよいスマートさとリラックス感を備えた抜け感があり、疲れることはありません。
ビバリーヒルズのど真ん中に「抜き」のあるホテルが存在すること自体が、ロサンゼルスらしいというか、上級者というか……。
実は、私たちTRUNKのクリエイティブチーム(TRUNKアトリエ)とこちらのデザイナーのケリー・ウェアスラーはつながりがあります。いつか、一緒にデザインしたホテルを東京でやろう!なんて盛り上がっていたりします。

身軽な旅にぴったりな抜け感! ビバリーヒルズど真ん中のホテル

次号予告

商店街・純喫茶・銭湯・ヒーロー・歌謡曲…ほか

昭和レトロに癒やされて。