ワインを触媒としたコミュニティで、 サステイナビリティ...
Takeshi Kobayashi
1959年山形県生まれ。音楽家。2003年に「ap bank」を立ち上げ、自然エネルギーの推進や、野外音楽イベントなどを開催。19年には食の循環を可視化する循環型ファーム&パーク「KURKKU FIELDS」をオープン。屋外イベント&コンサート「クルックフィールズ・ハーベスト」を開催した。21年もさまざまなイベントをこの地で予定している。
13
【ワイン】
WINE
「ap bank」などの活動を通して環境問題に向き合うなど、サステイナブルな社会について考え、行動してきた小林武史さん。その目に、サステイナブルの行方はどう映っているのか。連載13回目のテーマは「ワイン」。小林さんは大のワイン好きで、きっかけはボルドーに代表されるクラシカルなワインのおいしさを知ったこと。その一方で、近年世界中で増えつつあるビオワインの動向にも注目する。できるだけ自然に即した製法を目指すビオワインのつくり手には、環境問題への意識が高い人も多い。「収穫物に耳を傾け、あまり手をかけずに美味しいものを目指していく。そんなビオワインは、ワイン産業の中でオルタナティブな流れをつくり出す勢いがある。この流れは、サステイナビリティに向かう社会の象徴的な例のような気もしている」と小林さんは言う。

ワインを触媒としたコミュニティで、 サステイナビリティが伝播する。

森本千絵(goen°)・絵 監修 illustration supervised by Chie Morimoto
オクダ サトシ(goen°)・絵 illustration by Satoshi Okuda
小久保敦郎(サグレス)・構成 composed by Atsuo Kokubo

僕がワインを飲むようになったのは30年くらい前からでしょうか。フランスのボルドー地方に好きなワインが多くて、現地に行ったこともあります。ワイナリーで話を聞くと、ボルドーワインのつくり方は自由度が高かった。基本的にブドウは何種類かの品種をブレンドするし、品質保持のために酸化防止剤を使うのが一般的...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
ワインを触媒としたコミュニティで、 サステイナビリティ...