527

2022.04.01
定価800円(本体727円)

イームズから倉俣史朗まで

名作椅子に恋して

雑誌を購入する

電子書籍を購入する

Contents

椅子との関係は、まるで恋愛のようだ。その姿かたちに惹かれ、触れることで深く知り、ともに過ごすことで気付かなかった景色を見せてくれる。そしてデザインに込められたつくり手の哲学、内に秘めた“想い”を知った時、人は恋に落ちる─。美しい佇まいにただただ見惚れることもあれば、時間をかけて馴染み、関係が深まるものもある。名作と呼ばれる椅子にはどんな魅力があるのか?自宅で過ごす時間が増え、誰もが「自分だけの一脚」を探し求めるいま、古今東西の名作を一挙に紹介しよう。

目次

イームズから倉俣史朗まで

名作椅子に恋して

  • 名作椅子のある風景
    ハウ ハイ ザ ムーン/アーティゾン美術館
    サイドチェア/ 東京国立近代美術館
    六角椅子、食堂椅子/自由学園明日館
    CH25/国立新美術館
    セコンダ/スパイラル
    キャブ チェア/東京国立博物館 法隆寺宝物館
  • 俳優・光石研が故郷で出会う、
    椅子に魅せられたふたりの人生
  • 愛好家の心に響いた、珠玉の一脚
    土田貴宏(デザインジャーナリスト)/フランクフルトチェア
    藤森泰司(家具デザイナー)/バード・バッド
    寺田尚樹(建築家・デザイナー)/リビングタワー
    松島大介(パドラーズコーヒー代表)/オリジナルチェア
    竹内優介(インテリアスタイリスト)/マレンコ
    ウルトラスタジオ(建築家)/ガヤ
    高橋 盾(アンダーカバー デザイナー)/アナーキーチェア
  • 時代背景とともにひも解く、
    マスターピースの基礎知識
  • 世界へ羽ばたく日本の家具づくりが、
    いま見つめるもの
  • バタフライスツールを生む、天童木工のたゆまぬ技術探究
    人間工学を追求し、目指したのは「ふつう」の椅子
    四者の力を結集した、美しく経年変化するワークチェア
    人気デザイナーのふたりが明かす、椅子づくりの裏側といま伝えたいこと
  • 修理の観点からわかる、名作が愛され続ける理由
  • 年代ごとに見る、名作椅子100選
  • 第2特集
    深澤直人の
    新しい仕事場
  • LOUIS VUITTON
    Squares dropping
  • HERMÈS
    Joy to the World
  • Dior
    Couture-breD
  • 新たな地平を拓く、
    俳優・山田裕貴とルイ・ヴィトンの時計
  • Headliner
    ファッションギャラリー
    WORLD UPDATE
    SDGs News
    並木教授の腕時計デザイン講義
    創造の挑戦者たち
    ART BOOK CINEMA MUSIC
    ウワサの建築
    白モノ&黒モノ 家電コンシェルジュ
    TOKYO sweets PATROL
    今日はどっちのお取り寄せ?
    ゴキゲン3選酒!
    東京車日記
    小山薫堂の湯道百選

雑誌を購入する

電子書籍を購入する