Collection HERMÈS / エルメス 2018-19年 秋冬エルメスメンズ・コレクション

HERMÈS / エルメス

2018-19年 秋冬 メンズ・コレクション

  • シープスキンコートも、
たっぷりとした分量感。

    シープスキンコートも、
    たっぷりとした分量感。

  • オーバーサイズのニットで、
時代感を味わう。

    オーバーサイズのニットで、
    時代感を味わう。

  • スーツでもパンツは、
センタークリースなし。

    スーツでもパンツは、
    センタークリースなし。

アーティスティック・ディレクターのヴェロニク・ニシャニアンが掲げた今シーズンのテーマは、「オープンエア」。その名の通り、屋外を闊歩する男性像が思い描かれています。服のラインの軸になる発想は、「暖かさとたっぷりとしたボリューム」。トップス、おもにシープスキンのアウターやニットは、大きめのサイズのものをざっくりと羽織り、すっきりとした形のパンツと組まれています。パンツの素材はマットなレザーからシャイニーなものまで素材も色も多種多様ですが、センタークリースをつけないスタイルが貫かれています。それは、ドレスアップするスーツ姿のときもまったく同様。屋外が似合う行動的な男性が必要とするリラックスしたスタイルが、このコレクションの中で明確に示されています。
Photos: Jean- François José

Collection HERMÈS / エルメス 2018-19年 秋冬エルメスメンズ・コレクション

次号予告

縄文土器から現代アートまで、語れるネタを伝授します。

超おさらい! 日本美術史。