クラブラウンジ&フロアの改装で"大人の時間”を! 紺碧の海とやんばるの緑を見渡せる沖縄のリゾートで非日常へのエスケープ

    Share:
    全長170mの広さを誇るガーデンプール。6つあるプールのなかでも一番大きなプールには、タイル張りの浅瀬に新たにラウンジャーを設けた。プールに浸かって涼をとりながら、東シナ海に沈みゆく夕陽が、辺り一面をオレンジに染め上げる絶景を味わえる。

    亜熱帯の豊かな森と碧い海が広がる沖縄県北部の名護市、世界自然遺産「やんばる」の入り口に佇むオリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパ。2021年から実に3年に及ぶ大規模改修を経て、クラブラウンジの新設、ガーデンプールや客室のリニューアルが行われ、2024年4月に装いも新たにオープンしたばかり。そこにはまだ知らない沖縄の魅力を存分に味わえる、大人のリゾートが広がっていた。

    OHO-Aeral-0005.jpg
    名護の高台に位置するオリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパは、深い緑が生い茂る自然豊かな森に囲まれ、海も同時に見渡せる珍しい眺望。ピンク色の建物と大きなガーデンプールがリゾート感たっぷりで、自然とのコントラストも美しい。

    沖縄というとエメラルドグリーンに輝く美しいビーチリゾートのイメージが強いが、いま最も注目を集めるのは、奇跡の森「やんばる」だ。「山原」と書き示す通り“山々が連なる原野”という意味合いの、沖縄北部の手つかずの自然のことで、そこには世界的にも数少ない亜熱帯照葉樹林の森が広がっている。

    天然記念物のヤンバルクイナや希少な固有種、絶滅危惧種が生息する生態系と生物多様性が認められ、世界自然遺産に認定されたのが2021年のこと。さらに2025年にはやんばるの自然を冒険できる新たなテーマパーク「ジャングリア」の開業が控えていることからも、その注目度合いが窺い知れるだろう。

    無数の沢がいくつもの滝を経て、海へと流れつく。そんな雄大なやんばるを体感する旅の拠点へと生まれ変わったのが、オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパだ。那覇空港から車で70分ほど、海に面した名護市喜瀬の丘の上に聳えるホテルは、周辺のリゾートエリアの中でも高台に位置している。その地に降り立っただけで、海と森に抱かれた豊かな自然を感じ取れる見晴らしがまず素晴らしい。

    Club_Lounge.jpg
    Club_Lounge2.jpg上:やんばるに自生する植物をふんだんに配した緑あふれるクラブラウンジは、ソファ席や14名掛けのテーブルなどがあり、さまざまな用途に対応する。グリーンが絡んだパーゴラの下で過ごせば、まるで森の木陰で過ごしているかのよう。 下:夜になると落ち着いた間接照明が灯り、昼間とは異なるムーディーな雰囲気に。アペリティフタイムではアルコールのほか、ジーマミー豆腐やもずくなど、沖縄ならではのおつまみも楽しめる。

    明るく開放的なエントランスを抜け、チェックインは新設されたクラブラウンジへ。クラブルームとスイートルーム宿泊者はアクセス可能なラウンジでは、ガラス屋根の大きな天井から燦々と降り注ぐ陽射しが、ターフを介して柔らかにこぼれおち、ガジュマルの木々や月桃などやんばるの植物たちがのびのびと育つ癒やしの空間が広がっている。ウェルカムドリンクで喉を潤しながらゆったりとチェックインすれば、忙しない日常から解き放たれ、沖縄の穏やかな時の流れに身を任せられる。

    朝食の時間には沖縄食材にこだわった料理やできたての卵料理など多彩なメニューをセミブッフェスタイルで楽しめ、ティータイムにはサーターアンダギーや、名護市にある中山コーヒー園が手掛けたオリジナルブレンドのコーヒーなど、ここでも沖縄らしい食との出合いがある。アペリティフにはオリオンビールやワインだけでなく泡盛などもあり、時間帯を問わず寛ぎのひとときを過ごせるだろう。

    客室へ向かう前に立ち寄ったのは、クラブラウンジの向かいにあるアメニティベース「アリンクリン」だ。沖縄の言葉で「あれもこれも」という意味の通り、ヘアオイルやティーバッグ、キッズアメニティまで幅広くラインアップ。さらに旅の疲れを癒やすデトックスウォーターや沖縄県内各地の黒糖、ホテルオリジナルの香り「やんばるグリーン」を使用したバスソルトまで揃うので、部屋でのステイに彩りを添えてくれるアイテムがきっと見つかるはずだ。

    Amenity_Base.jpg
    天然素材で作られた沖縄石鹸は、必要な分だけスプーンで削り小袋に入れて持ち帰る。必要なアメニティだけ選ぶ仕組みは、沖縄の自然との共生を目指す環境に配慮した取り組みだ。

    ---fadeinPager---

    全室オーシャンビューの客室は、インナーテラスから望む大自然も美しい

    リニューアルした全361室のゲストルームは、そのすべてがプライベートバルコニーから東シナ海を見下ろすオーシャンビュー。新たにデイベッドとテーブルを備えたインナーテラスを設けたことで、遥か遠くまで広がる紺碧の海とやんばるの深い森が織りなす奇跡の絶景に没入できる。いずれも白やベージュを基調としたモダンな内装で、大きな窓に映る自然の美しい風景が、落ち着いた客室に華を添えているかのよう。

    さまざまな客室タイプのなかで特にお薦めしたいのが、角部屋で二面採光の窓が特徴的なクラブコーナーと、パノラマに広がる絶景をひとりじめできるクラブオーシャンだ。クラブコーナーは64.9㎡、クラブオーシャンは68.4㎡とどちらも広々とした空間を贅沢につかったゆとりある客室。ダイニングテーブルでアルコールを嗜みながら、デイベッドで寝そべりながら、そしてオープンエアーのテラスで潮風を感じながら…時とともに移りゆく沖縄の美景を、思い思いの過ごし方で愉しみたい。

    最もスタンダードな部屋は、スーペリアルームと呼ばれる客室。足元から天井まで開口部いっぱいに設けられた窓と悠々としたインナーテラス、そしてオープンクローゼットやシンプルながらこだわりのつまった家具を空間効率よく配置したおかげで、開放感も十分。さらにシモンズ製ベッドや心地よい間接照明によって、日頃の疲れを癒やす睡眠環境にもこだわった、満足度の高い仕上がりだ。

    Club_Corner3.jpg
    Club_Corner2.jpgクラブコーナーの客室は、木々の温もりを感じるウッディなゲストルームに、二面窓から自然光がたっぷり差し込む。大理石のバスルームも絶景を堪能できるビューバスになっている。
    club_ocean1.jpg
    Club_Ocean_Night.jpgやんばるの森や、水面に溶けゆくサンセットもベッドの中から眺められる最高の間取りのクラブオーシャン。客室には洗濯乾燥機や電子レンジもあり、長期滞在でも快適に過ごせる設備が充実している。クラブルーム宿泊者はラウンジだけでなくスパの利用もできるほか、チェックイン前にインドアプールやガーデンプールが利用でき、レイトチェックアウトもできるなど嬉しい特典が盛り沢山。
    Superior_Room_11F.jpg
    _CHP1298AA.jpgスーペリアルームのなかでも8~13階に位置するのがハイフロアスーペリア。写真は11階のゲストルームで、青々とした木々と美しい海を同時に見下ろせる。

    ---fadeinPager---

    生まれ変わったガーデンプールや、豊かな自然を目の当たりにするアクティビティも充実

    やんばるの森と美しい海を眺められるのは、なにもゲストルームだけではない。県内最大級の広さを誇る全長170mのガーデンプールは、緑豊かな丘の上から海を見渡せるビュースポットとしても愉しめる。広大なエリアには6つのプールと47.5mのウォータースライダー、キッズプールやガゼボが揃い、ファミリーからカップルまでさまざまなゲストの要望に応えてくれる。ヤシの木々に囲まれたリゾート感漂うプールサイドを散歩するだけでも、きっと心地よいリフレッシュになるだろう。

    2022年の改装により、プールサイドと山側のふたつのエリアに、大きなデッキスペースが新設。ターフやパラソルで陽射しを避けながら、BBQやプールサイドパーティーなどのイベントにも対応、にぎやかに過ごせるつくりになっている。対照的に大人がゆったりと寛ぐなら、プールに面した真っ白なカバナがお薦めだ。日除け屋根やカーテンがついたプライベートな空間で、ドリンクを楽しみながら読書や日光浴に耽るひとときは、なによりも贅沢なバカンスだ。

    7月から10月までの夏季シーズンはナイトプール営業中に各種イベントも開催される。ライトアップされた水面の煌めきとヤシの木に添えられたカラーライトで、陽射しが照りつける日中のプールとはまた違う、幻想的な南国の夜を演出。ナイトプールは夜10時まで延長されるので、夜風を浴びながらプールサイドでBBQやアルコールを嗜むといった、リゾートらしい夜を味わえる。

    OHO-GadenpoolDay-0004-1.jpg
    1fdad89d0590c3700d5ca23c8b2900b2db3b5aac.jpg上:海風に揺らめくヤシの木の陰が、プールの水面に映える。ふたつのホットプールがあるので、3月から冬季まで長期間にわたりナイトプールは営業している。 下:夕食を満喫した後にも、ガーデンプールの中央に佇むプールサイドバーでカクテルやパフェを楽しめる。輝く星空の下でゆっくりとグラスを傾けるひと時は、1日を締めくくるのにふさわしい。

    ホテルに籠ってのんびり過ごすのも悪くないが、せっかくならビーチややんばるの自然を活かしたアクティビティにも目を向けたい。「島とあそぶ 森とつながる」をコンセプトにしているだけに、ホテルが提案する沖縄での過ごし方も多岐にわたっているからだ。

    たとえば朝日を浴びながらプールサイドで行う「ハンモックヨガ」や、沖縄北部の森の中にあるでこぼこ道を進んでいく「どろんこバギーアドベンチャー」、ホテルから無料送迎サービスで約3分の距離にあるかりゆしビーチで楽しむマリンアクティビティ、近郊での本格的なダイビング、クラブラウンジでも提供されるコーヒー豆を栽培する中山コーヒー園での収穫・焙煎体験など、どれもが自然とともに生きる沖縄のいまを実感できるものばかり。

    リゾートとして発展を続ける沖縄がたくさんの人を惹きつけてやまないのは、透き通った海と肥沃な大地が育んできた豊かな森があるからこそ。そんな自然の恩恵を受けながらも、沖縄のよさと自然を守り、ともに生きていく。やんばるの入り口を守るオリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパからは、そんな想いも感じられた。装いも新たに生まれ変わったホテルで過ごすエスケープは、沖縄の自然に思いを馳せる、まさに大人のバカンスと言えるだろう。

    800x533_ea1e9d427fb5664c32c517a73e421e58_7132b6ba4f30bc9f94adef3bf1f23032ad533d21.jpg
    プールの遊泳時間前の早朝に、潮風と朝日を浴びながらハンモックヨガでリフレッシュ。インストラクターのレクチャーに合わせ、空中でバランスを取りながらストレッチを行うと、普段は使わない筋肉が自然と伸びていく。7時30分〜8時、8時30分〜9時の1日2回、ガーデンプールにて実施。要予約。¥4,500
    IMG_4168-2.jpg
    でこぼこ道や木々の隙間を縫ってバギーで進んでいくスリリングなアクティビティ。ツアーガイドの解説を聞きながら沖縄に生息する珍しい動植物の生態を学べ、非日常な自然とのふれあいが体験できる。要予約。大人¥6,500

     

    800x533_ea1e9d427fb5664c32c517a73e421e58_f72c0599a4a304dcd3ce7e894f62564f6809a361.jpg
    名護市天仁屋にある国指定天然記念物「嘉陽層の褶曲」を間近で観察するジオツアー。天仁屋の珍しい地層を眺め、美しい海原をカヤックで抜けていく。ドローンサービスも付いているので、旅の思い出づくりにもうってつけだ。要予約。大人¥14,500。その他、カヤックでのマングローブ体験ツアーなども用意。

     

    オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパ

    住所:沖縄県名護市喜瀬1490-1
    TEL:0980-51-1000
    www.okinawa.oriental-hotels.com