絶滅生物を蘇らせることは可能? 古代DNA研究の軌跡をたどる

  • 文:印南敦史(作家/書評家)

Share:

【Penが選んだ、今月の読むべき1冊】
『化石に眠るDNA 絶滅動物は復活するか』

02.jpg
更科 功 著 中央公論新社 ¥1,100

化石に関心を抱いたことのある人は少なくないはずだ。その裏側に隠れたストーリーが心に訴えかけるからで、だからこそ『ジュラシック・パーク』も大きな話題を呼んだのである。ただし、化石とその周辺のことをきちんと理解するためには、専門的な知識が求められる。そこで役立つのが本書。著者が愛読するミステリー小説のエピソードなどを絡めつつ、古代DNAに関する基礎知識から研究を進展させた新技術、恐竜や絶滅生物を蘇らせることは可能かという議論まで、軽妙にわかりやすく解説している。

※この記事はPen 2024年6月号より再編集した記事です。