TikTokの枠を超えた縦型ショート動画の旗手、ごっこ倶楽部とは何者なのか?

  • 編集&文:佐野慎悟

Share:

gokkoclub.jpg
ごっこ倶楽部 ドラマクリエイター
俳優の多田智、早坂架威、谷沢龍馬、渡辺大貴、鈴木浩文が集い、2021年5月からTikTokに自主制作の縦型ショートドラマの投稿を開始。現在ではその活動範囲はTikTokの枠を超え、さまざまなプラットフォームでプロジェクトが進行中。

あなたの脚本をごっこ倶楽部が映像に!
「縦型ショートドラマ部門」募集スタート

ドラマクリエイターのごっこ倶楽部がTikTokに最初の作品を投稿したのは、2021年の5月17日。それからわずか1カ月で15万人のフォロワーを獲得し、現在はSNSの総フォロワー数260万人、累計再生回数27億回を数えるまで、急成長を遂げてきた。俳優仲間5人で始めたごっこ倶楽部の発起人の多田智は、TikTokでの活動を始めたきっかけを語る。

「コロナ禍で役者の仕事が激減した時に、自分にしかできないことはなんなのかと、答えを探す日々が続きました。いろんなものに対してアンテナを張り巡らしていく中で、中国のショート動画プラットフォームでTikTokを上回る勢いをもつ、『抖音(ドウイン)』と『快手(クワイショウ)』というプラットフォームを見てみると、面白いほどにほぼすべてのコンテンツがドラマだったんです。昔から、日本のテレビ業界でも、いちばん視聴率を稼ぐコンテンツはドラマですよね。でも、当時まだ日本では、ドラマを投稿している人は誰ひとりとしていませんでした。だから、いま僕が動いたら、この分野の先駆者になれるだろうと考えて、すぐに行動に移しました」

背景のつくり込みが最小限で済む縦型のショートドラマであれば、大きな予算をかけずに、少人数でもコンテンツを量産することができる。多田を含むごっこ倶楽部創設メンバーの5人は、それぞれがカメラの前で役どころを演じるかたわら、脚本、監督、衣装、編集などの実務を、すべて自分たちの手でこなした。

「お金もないし、実績もないし、前例のないことをやろうとしていましたが、絶対に成功するという勝算はありました。みんな不安もあっただろうけど、創設メンバーも僕を信じてついてきてくれて、これまでに一度も喧嘩になったことはありません。なにせ、2回目の投稿ですぐにバズって、1カ月でフォロワー15万人ですから。頑張ったことにしっかりと結果がついてきたことは、この活動をビジネスとして軌道に乗せる上で、非常に強い後押しとなりました」

現在まで俳優、カメラマン、脚本家、編集者、監督などの制作メンバーは自社の社員として大幅に拡充され、コンテンツのクオリティ、表現の幅、スピード感はますます高められている。

「いまでは社員も増え、若手制作スタッフの育成も積極的に行っています。将来的には、マンガを描きたかったら『少年ジャンプ』に応募するように、ドラマや映画をつくりたかったら、俳優も制作スタッフも、とりあえずみんながごっこ倶楽部に集まってくる。そういう状況をつくっていきたいんです」

あなたの脚本をごっこ倶楽部が映像に!
「縦型ショートドラマ部門」募集スタート

佐渡島庸平 コメント

彼らが自分たちのやるべきことを貫き通し、実績もあげ、それを3年間も続けていることは、同じクリエイティブを組織でやろうとしている人間としては、ただただ頭が下がります。ましてや、元出版社にいた僕らは知名度のある雑誌を舞台にできましたが、彼らはゼロから人気を獲得してきましたから。ショート動画は世界的にまだまだ伸びていく分野だと思います。彼らがこれからどんな方向に向かっていくにせよ、その挑戦自体がとても楽しみでなりません。


佐渡島庸平 編集者/コルク代表
講談社を経て、クリエイター・エージェンシー、コルクを創業。作品編集、新人作家の育成、ファンコミュニティの形成・運営などを行う。『ドラゴン桜』『宇宙兄弟』の連載を講談社で立ち上げ、現在もエージェント契約を結ぶ。

DMA-B_AWARD2.jpg
ごっこ倶楽部は『TikTok Awards Japan 2022』にて、日本でショートドラマの文化を根付かせたことが評価され、「Shortfilm Creator of the Year」を受賞。授賞式では代表の多田が登壇し、トロフィーを受け取った。
DMA-E_サムネ_君に捧げる世界.jpg
DMA-D_四海兄弟.jpg
左:『君に捧げる世界』/2023年の11月に投稿し、10日間で570万回再生を記録した話題作。多田が脚本を担当。少ないセリフの中でストーリーが急展開していくごっこ倶楽部のショートドラマは、繰り返し視聴するたび、一つひとつのシーンが意味することへの理解が徐々に深まっていく。
右:『四海兄弟』/2021年5月に初めての投稿を行ったごっこ倶楽部は、同月末に投稿した『四海兄弟』で大きな反響を獲得。前編、後編に分かれた含みのあるストーリー展開で、コメント欄には視聴者それぞれの考察があふれ、話題が話題を呼ぶかたちで再生回数を伸ばし続けている。

あなたの脚本をごっこ倶楽部が映像に!
「縦型ショートドラマ部門」募集スタート

※この記事はPen 2024年1月号より再編集した記事です。