イッセイ ミヤケの先鋭ブランドが挑んだ「布を使い切る」ものづくり。用いられた模型やスケッチを5月末まで東京・大阪で展示中

  • 文:Pen編集部

Share:

© ISSEY MIYAKE INC.

ISSEY MIYAKE GINZA / 445のCUBEと、ISSEY MIYAKE SEMBAのCREATION  SPACEでは、IM MENによる特別展示「FULFILL」を開催している。

今シーズンのIM MENは、人と布との関係性を考える取り組みとして、残布を残さず、布地のすべてに役割を与えるものづくりに挑戦した。 

技術の進歩によって、残布は再生可能な資源へと変容してきたが、その課題を解消するには、多くの知恵と工夫、そして覚悟が必要だ。 「裁断したパーツをすべて拾い上げたとき、一切の布地が残らない」 

現代において、このようなものづくりが実現できるのであれば、 多くの人々に希望を示すことができるはず。そしてまた、その姿勢からしか生まれ得ない美しさがあるだろう。

 

_M7A0733.jpg
© ISSEY MIYAKE INC. 
_M7A0730.jpg
© ISSEY MIYAKE INC. 

当展示「FULFILL」では、布を使い切るというテーマに対して、IM MENチームが取り組んだものづくりの背景を見ることができる。模型やスケッチ、メンバーたちへのインタビューを通して、さまざまなアプローチから新しいデザインが生まれた過程を紹介している。

_M7A0742.jpg
© ISSEY MIYAKE INC. 
_M7A0691.jpg
© ISSEY MIYAKE INC. 

特別展示「FULFILL」

開催場所:ISSEY MIYAKE GINZA | CUBE (東京都中央区銀座 4-4-5) 
会期:3月1日〜5月28日
https://www.isseymiyake.com/blogs/cube

開催場所:ISSEY MIYAKE SEMBA | CREATION SPACE(大阪府大阪市中央区南船場 4-11-28)会期:3月1日〜5月26日
https://www.isseymiyake.com/blogs/sembacreationspace