世代やジェンダーの垣根を超える、トーガの新旗艦店が東京・青山に誕生!

  • 文:門倉奈津子

Share:

トーガは、都内2店舗目となる旗艦店、トーガ アオヤマをオープンした。

建築家の日埜直彦が手がけたこの新店舗は、世代や性別、さまざまな垣根を超えるショップを目指すべく、トーガの全ラインを揃えるのはもちろんだが、既存店とは違う3つの試みをスタートさせる。

1 TOGA TRIANGLE 成山画廊.jpg
旗艦店では小さな展示スペースを設け、エキシビションを企画・発信していく。第1弾の企画では、九段下にある成山画廊を招き、成山明光オーナーの協力のもと、画家・長谷川サダオの展覧会を開催。 ©️Sadao Hasegawa Untitled/Acrylic on Canvas/1970s

ひとつは展示プロジェクト「トーガ トライアングル」。これは3面に囲まれた小さな展示スペースで、多角的に広がるローカルコミュニティと連携しながらエキシビションを開催。

ふたつ目は、ヴィンテージストアやコレクターを招き、希少なヴィンテージセレクションを展開する「コレクターズヴィンテージ」。第1弾目はトーガと20年来の友人で、日本最大規模の古着卸を行うオムニピープル S.A.(omnipeople S.A.)とタオス バイ オムニピープル S.A.(TAOS by omnipeople S.A.)の協力のもと、トーガと親和性の高いアイテムをオムニセレクションよりトーガが買い付けし、タオスのリメイク技術を加え厳選した古着コレクションを展開する。

そして3つ目は日本では初めての取り扱いとなる、イギリスの作家、ジュード・ジェルフスのセラミックの販売だ。

 

★IMG_6088.jpg
店内に飾られた、貴重な「コレクターズヴィンテージ」の数々。

 

 

3 セラミック JUDE JELFS.jpg
トーガのデザイナー、古田泰子がジュルフスのファンだったことから、トーガ アオヤマのオープンに際し声をかけたことから日本で初めての取り扱いが実現。人間の身体をモチーフにしたユニークなフォルムのフラワーベースは、マットなカラーシリーズと柔らかなラインで描かれるホワイトシリーズが並ぶ。

 

そのほか、トーガ アオヤマ限定商品や国内初となるキッズシューズも展開するので、ぜひショップを訪れて。

 

AOYAMA EXCLUSIVE KIDS LINE.jpg
キッズシューズは定番のローファーをはじめ、アイレットサボやサイドゴアブーツの計4型の展開。サンダル2型のみパープルカラーも加わる。シューズ 左から¥58,000 ¥48,000、¥46,000、¥43,000(税抜)

トーガ アオヤマ

東京都港区南青山5-3-5 ミル・ロッシュビルB1F
TEL : 03-5962-7875
www.toga.jp