音を立てたら即退店!? TaiTan × 玉置周啓のラジオ『脳盗』が“盗める”ショップを開店

  • Pen編集部

Share:

盗kv.jpg
TBSラジオが “盗んでもいい”ショップを2日間限定で開店。

ラッパーのTaiTanとミュージシャンの玉置周啓がパーソナリティを務めるTBSラジオ番組『脳盗』。この人気番組が、音を立てなければ“盗んでもいい”ショップ「盗」を3月16日、17日の2日間限定でTBS赤坂BLITZスタジオにオープンする。

アートディレクターはMargtのメンバーとしても活動する高畠新が務め、アパレルブランドのFruit of the Loomのジャンク品・サンプル品を加工した、ここでしか手に入らない限定アイテムが陳列される。店内の商品は自由に盗めるが、音を出すとTBSラジオが保有するおよそ200の集音マイクで測定され、即退店となってしまう。

リスナーから“談”を集って次世代パーソナリティを決める「脳盗王」や、パーソナリティの古着を売った資金で屋外広告を出稿する「脳盗市場」など、これまでラジオ発で異色の企画を行なってきた『脳盗』。今回は、ぜひお静かに足を運んでみてほしい。

profile pic.jpgラジオパーソナリティを務めるDos MonosのTaitanと、MONO NO AWAREの玉置周啓。

「盗」

開催期間:3月16日~17日
開催時間:11時〜18時
会場:TBS赤坂 BLITZスタジオ
www.tbsradio.jp/noutou