スタイリスト小沢宏の「エディストリアル ストア」が2号店をオープン! 松本PARCOのラスト・ワンイヤーを飾るリミテッドストア

  • 文:Pen編集部

Share:

 

IMG_7604.JPG
「エディストリアル ストア 松本」は、1年間のリミテッドストアとして運営される。

スタイリストの小沢宏が運営するセレクトショップ「EDISTORIAL STORE(エディストリアル ストア)」が2月8日、松本PARCO1階にニューショップをオープンした。

2022年に自身の故郷である長野県上田市でオープンした「エディストリアル ストア」。“雑誌の3D化”をコンセプトに、さまざまなブランドのデッドストックを蘇らせる販売スタイルや、商品タグにユニークな手書きテキストを入れるなど、小沢の編集的視点から生まれたアイデアは業界内外で注目を集めてきた。昨年には渋谷 PARCOで1周年記念のポップアップを行ない大盛況だったのも記憶に新しい。

そんな彼が今回2号店を構えるのは、すでに来年2月をもっての閉館が決まっている松本PARCO。ラスト・ワンイヤーに華を添えるべくリミテッドストアとして出店を決めたのは、長野出身である彼の地元愛ゆえ。

IMG_9290.jpg
長野県上田市の「エディストリアル ストア」。地元のファッションラバーのみならず、東京をはじめ県外からも客が訪れる。
IMG_5853.jpeg
松本店ができたのは松本PARCO1階、以前某ジュエリーショップだった場所だ。その内装を活かしつつ、“リノベーション”というより“スクワット(不法占拠)”と表現できるラディカルな店舗デザインに。

松本店では、「エディストリアル ストア」としては初めてのオリジナルアイテムをリリース。店内の内装とリンクさせた切り口で、 Tシャツとフーディを製作した。 

0DF9968D-2F8B-46B2-92D1-DBB7C6109999.jpeg
松本店の先行発売。Tシャツ¥5,500、フーディ¥16,500

さらに、オープンを記念した特集(ポップアップ)「A Modern Man」を開催。エディストリアルストアが考える“現代のスタイリッシュな男性像とは。”を「A Modern Man」というタイトルでふたつのブランドとコラボレーション。

2月10日~12日には、老舗の商業施設、銀座ファイブのヴィンテージショップ「ANTIQURIOUS(アンティキュリオス)」とコラボし、エルメスのブレスレットやカルティエの時計などを販売。2月16日~18日には、カシミヤブランド「BODHI(ボーディ)」とコラボし、過去のサンプルをメインに多数のカシミヤウェアを販売する。

今後もさまざまな動きが予想される「エディストリアル ストア」。この機会に松本店へ訪れてみては。

2024-01-28 16.23のイメージ.jpeg
「エディストリアル ストア」では、ポップアップを“特集”と表現している。これもまた長年編集者としての経験も培ってきた彼ならではのアイデア。

EDISTORIAL STORE 松本 

住所:長野県松本市中央1-10-30 松本PARCO 1階
TEL:0263-87-6911

https://edistorialstore.com