とんだ林 蘭×ハサミポーセリンのコラボマグカップが誕生! 「ART MUG」プロジェクトが完結

  • 文:柳澤奈々

Share:

ARTMUG_TONDABAYASHI_01.jpg
ハサミポーセリンが展開する「ART MUG」プロジェクトの第4弾は、とんだ林蘭とのコラボマグカップ。¥4,180。1月29日(月)11時より特設サイトにて販売開始。※1月18日(木)11時より先行予約スタート。

陶磁器ブランドのハサミポーセリンは、「ART MUG」プロジェクトの第4弾として、アーティストとんだ林 蘭とのコラボレーションマグカップを1月29日(月)に発売開始する。

長崎県波佐見町でつくられる波佐見焼のテーブルウェアとして、ロサンゼルス在住の篠本拓宏のディレクションのもと生まれたハサミポーセリン。米国やヨーロッパ、アジア・オセアニアなど数百店舗を構え、2016年にはApple社のオリジナルマグカップに採用されるなど、国内外で注目されている。

同ブランドが2023年に国内展開10周年を迎えるにあたり、2021年に発足した「ART MUG」プロジェクトは、これまで5名のアーティストとのコラボレーションマグカップを展開してきた。

今回でプロジェクトは完結となり、そのラストを飾るのは、木村カエラ、あいみょんといったアーティストや、ファッションブランド、企業など幅広い分野で支持されるとんだ林 蘭。コラージュやイラスト、映像などさまざまな手法で制作する彼女の作品は、猟奇的でいてかわいらしく、刺激的だ。

今回のコラボマグは、そんな彼女の世界観が存分に感じられ、とげのある茎と周囲を囲むネジの刺さった口紅が強烈な印象を与える。とんだ林 蘭は「見慣れたものたちが違った見え方になり、自分の中でも新鮮なアートワークとなりました。さりげないけど二度見してしまったりふと頭の中が開いていくような、そんな存在になったらいいなと思います」とコメントしている

tondabayashi.jpg
東京を拠点に活動するとんだ林 蘭。名付け親はレキシ、池田貴史。東京スカパラダイスオーケストラや木村カエラのグッズデザインを手掛けるなど、幅広いアーティストや分野でコラボ。今回のコラボマグに使われた棘のある茎と口紅は、彼女が特に好むモチーフだという。

HASAMI PORCELAIN『ART MUG』

hasami-porcelain-artmug.com