プラスサイズの旅行者が、 “肥満の乗客にもう一席”サービスを利用する動画が話題に…乗れずに不満をもつ人も

  • 文:大村朱里

Share:

 

shutterstock_2254957989.jpg
ShutterStock-Prathankarnpap ※画像はイメージです

米国の格安航空会社・サウスウエスト航空は、肥満の乗客に座席を“もう一席を無料”で提供するという方針を打ち出した。チケットを持つ他の乗客を、フライトから追い出すことになってもだーー。このサービスには賛否両論の声が集まっている。

肥満の乗客はもう一席? サービスに論争勃発

サウスウエスト航空は、米国の国内線と近距離国際線を運航する格安航空会社。飛行機の座席を1つ以上占有し、「隣の座席にはみ出してしまう」乗客に“必要な座席数”を無料で提供する『Customer of Size』ポリシーを制定している。しかしこのポリシーを巡って顧客の間で様々な論争が起こっている。プラスサイズの顧客からは、より簡単に旅行できるようになったという称賛の声がある一方、「肥満の人を“ひいき”している」「彼らに不当な利益を与えている」などと批判の声が上がっている。

またソーシャルメディア上では「身長180cmで足が入らないからと、前の席を提供してくれたことはないのか?」と、身長が高くて足元の広いスペースが必要な人、医療器具を装着して旅行する人、車椅子を利用する人などには無料スペースが提供されないことを指摘する声が多く集まっている。彼らは、一万円以上の追加料金を支払わなければならないのだ。

サウスウエストの方針に対して見られたこのような意見に同航空会社は声明を発表した。

「肘掛けは座席間の境界と考えられています。両方のアームレストを下げることができない、または隣の座席の一部に干渉する場合は、2つ目の座席が必要です」

さらに「私たちのポリシーは体型に重点を置いているわけではありません。また、同航空会社は顧客の体重や、医学的ガイドラインに従って過体重か肥満かを判断する体格指数(BMI)を尋ねることはありません」と続けた。サウスウエスト航空の公式サイトには、追加座席はオンライン予約の際に前もって購入、または出発ゲートで無料座席について尋ねることもできるという。

---fadeinPager---

実際に使用した女性の感想は?

自身を''プラスサイズ・ソロトラベラー”と称するTikTokerのキミーさんは、同ポリシーを使用した動画を投稿し、様々な質問に答えた。動画では、キミーさんが航空会社のデスクに行き、「今日は『Customer of Size』ポリシーを利用したいのですが… 」と伝え、係員が彼女に隣の席の追加チケットを渡している。その後、彼女は問題もなく飛行機に乗り込み、快適な空の旅を楽しんだ。

彼女はこの新しいポリシーに対し絶賛。「私はこれを何十回もやっていますが、問題があったことも拒否されたこともありません 。サウスウエストは、フライトが満席でも追加料金なしで2席目を用意してくれる唯一の航空会社です 」

「太った人や体の不自由な人を含め、すべての人にとってより快適で利用しやすい空の旅を実現した航空会社に 拍手を送りたい 」と述べた。

---fadeinPager---

「ポリシーのせいで飛行機に乗れなかった」ある女性の経験談

しかし、ある女性はこのポリシーのせいで当初搭乗するはずだった飛行機に乗ることができなかったとSNSに投稿した。彼女と彼女の娘と友人の3人は、ジャマイカのモンテゴベイから帰宅する途中に同航空会社を使用。しかしそのフライトでは、プラスサイズの乗客が追加座席を必要としたため、航空券を持っていたにもかかわらず、「オーバーブッキング」であるとサウスウエスト便から追い出されたと主張した。

動画には「座席が足りなかったとしても、その体格のお客様には対応しなければなりません」と従業員が彼女に伝える音声が残されている。彼女は「航空券を持っている人が、肥満の乗客が席を必要とするために追い出さられるのはおかしいと思います」と怒りをあらわにした。

---fadeinPager---

@kimmystyled How to use @southwestair customer of size policy. Southwest is the only airline that allows you a second seat at no extra cost even if the flight is FULLY booked. You HAVE to use it at the departing gate when you start your journey. If you don’t use it going out you cant use it flying back. Go to the departing gate agent and kindly ask them to use the customer of size policy. I’ve done this a dozen times and never had an issue or been denied. They will print you a new ticket + a second ticket to put down on your free seat. You will also be allowed to pre board! Enter the aircraft, get your seatbelt extender, and grab your seat! I place the ticket in the seat next to me. I always take the window seat. If anyone tries to sit it in I kindly let them know I have two seats booked. To be honest I almost never get approached because no one wants to sit in the middle seat next to a fat person on a plane 🙃. I’ve heard from others sometimes southwest will just put customer of size in your account so anytime you approach the main ticket gate you’ll get both your tickets at once but this hasn’t happened to me yet. I think this has to do with how “visibly fat” you are. Public airplanes are public transportation and should be accessible and comfortable for us all. I applaud @southwestair for being the only airline with a fair and humane way of flying fat passengers with dignity. We shouldn’t have to pay for two seats. Seats should be larger for all people including tall and pregnant passengers. Since airlines got deregulated it’s been an ADA nightmare. Airlines should also allow wheelchairs in the cabin esp power wheelchairs. This is an access issue at the end of the day and discriminatory to fat and disabled customers. #southwest #southwestairlines #customerofsize #customerofsizepolicy #plussize #plussizetravel #traveltips #plussizetraveltok #traveltok ♬ original sound - Kimmy
自身を“プラスサイズ・ソロトラベラー”と称するTikTokerのキミーさんによる投稿。

---fadeinPager---

このポリシーに満足している人もいる一方、不満に感じる人もいるようだ。