年末年始にパリを訪れる人は注目! サンローランの旗艦店がシャンゼリゼ大通りに誕生

  • 文:石川博也

Share:

SAINT LAURENT_CHAMPS_ELYSEES_STORE_02_HR.jpg

12月9日(土)、サンローランがパリのシャンゼリゼ大通りに世界最大となる旗艦店サンローラン シャンゼリゼストアをオープン! 

「パリを訪れた際、イヴ・サンローランは、いつかシャンゼリゼ大通りに自身のメゾンを構えたいと願っていた。私はその願いを実現したかった」そう話すのは、同ブランドのクリエイティブ・ディレクターを務めるアンソニー・ヴァカレロ。つまり、今は亡きデザイナー、イヴ・サンローランの夢が、時を経たこの冬、ついに叶ったのだ。

SAINT LAURENT_CHAMPS_ELYSEES_STORE_01_HR.jpg
特徴的なカーブを描く階段。

アンソニー・ヴァカレロは歴史的建造物をリノベーションしたこの新店において、全く新しいストアコンセプトを取り入れている。それは、歴史的建造物の元来の要素やエッセンスを賞賛しながら、世界で最も象徴的なエリアのひとつであるシャンゼリゼ大通りで新発見の感覚を味わえるような店であること。

SAINT LAURENT_CHAMPS_ELYSEES_STORE_06_HR.jpg

ラグジュアリー感にあふれた落ち着いた色使い。

修復されたオスマン様式のファサードは、サンローランによる最新モダンラグジュアリーの解釈が表現され、印象的で光あふれる店内には、サンローランの世界観を表現したユニークなエリアが連なっている。広大な店舗空間全体を通して、あえてラフに仕上げた質感と精密なディテールの緊張感から、ラグジュアリーショッピング環境における新たな価値観を生み出している。

SAINT LAURENT_CHAMPS_ELYSEES_STORE_05_HR.jpg
随所に使われた大理石が荘厳な雰囲気を演出。
 

そのデザインは、未加工でありながら洗練され、訪れた人々を特徴的でありながら統一感のある数々の部屋へと誘う。そして、大理石を使ったディスプレイは、メゾンのコレクションを貴重なオブジェとして際立たせ、人々の興味を呼び起こす。

SAINT LAURENT_CHAMPS_ELYSEES_STORE_03_HR-2.jpg
ケリス・ウィン・エヴァンスによるネオンライトの彫刻。

見どころは、アーティストのケリス・ウィン・エヴァンスがサンローランの依頼で制作したネオンライトの彫刻が飾られた二層吹き抜けのホワイエや、ブラックラッカー仕上げの木材を使った官能的な床、カーブを描く階段、顧客がアクセスできる静謐なプライベートガーデンなど。さらにはアーティストのドナルド・ジャッドによる家具も数点が展示されている。

SAINT LAURENT_CHAMPS_ELYSEES_STORE_08_HR.jpg
ミニマルな空間に調和するドナルド・ジャッドの家具。

取り扱いのある商品は、メンズとウィメンズのプレタポルテ、ハンドバッグ、スモールレザーグッズ、シューズ、アクセサリー、ファインジュエリーなどメゾンの全てのアイテム。シャンゼリゼ大通りが持つ高貴で優雅な雰囲気に合わせて、特別なアイテムセレクションで訪れた人々を楽しませ、喜ばせている。

年末年始をはじめ、これからパリを訪れる人にとって、ぜひ注目したい最新アドレスが、サンローラン シャンゼリゼストアなのである。

サンローラン シャンゼリゼストア
住所:123 avenue des Champs-Elysées 75008 Paris
TEL:+33-1-57-95-00-99
営業時間:10:30〜20:00(日曜11:00〜19:00)
無休
※年末年始の定休日や営業時間は公式サイトをご確認ください。

https://www.ysl.com/ja-jp