世界が絶賛! ホリデーシーズンに飲みたい、長期熟成のライ・ウイスキー「ホイッスルピッグ」

  • 文:鈴木美陽

Share:

191120_Core_Holiday-0461_HR_2.jpg
ホリデーシーズンに飲みたい、世界のウイスキー好きから注目を浴びるライ・ウイスキー「ホイッスルピッグ」。

なにかと忙しい12月が始まり、2023年も残りわずかとなってきた。いよいよ迎えるホリデーシーズンのご褒美やギフトに、世界で最も多くの賞を獲得しているライ・ウイスキーブランド、「ホイッスルピッグ」を紹介しよう。

458357968-pig-mas-2.jpg
「ホイッスルピッグ」の理念は、ライ・ウイスキーの素晴らしさを大切に守り、無駄なものは排除し、より美味しいウイスキーのために革新を続けること。2007年の設立から、その信念が守られ続けている

2007年に設立されたホイッスルピッグは、2017年に「サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション」で最優秀ウイスキー(Best in Show)を獲得したことをはじめ、世界中から賞賛される注目のライ・ウイスキーブランドだ。

ライ・ウイスキーの可能性にかけたホイッスルピッグの造り手たちは、アメリカ・バーモント州ショアハムにあるファームにて、日々ブレンディングや追加熟成の研究を重ね、最高峰のライ・ウイスキーを目指し造り続けている。

---fadeinPager---

豊かなライ麦の風味とスパイシーさを堪能しよう

191120_Core_Holiday-0382_HR_2.jpg
熟成期間、味わい、香りが異なる3つがラインアップされている。

アメリカでは、原料として51%以上のライ麦を使用することが義務付けられているライ・ウイスキー。ライ麦の比率が高いほど、より香ばしさも強く感じられると言われているが、ホイッスルピッグはほぼ100%の比率でライ麦が使用されている。

これに加え、ホイッスルピッグはライ・ウイスキーでは稀な長い熟成期間を設けられている。熟成期間10年・12年・15年の3種類がラインナップされ、いずれもライ・ウイスキーの概念を覆す複雑な味わいと深みを生み出しているのが特徴だ。

今年の冬は冷え切った身体を温めながら、自宅で上質なライ・ウイスキーを嗜んでみてはいかがだろうか。

191120_Core_Holiday-0313_HR_2.jpg
ホイッスルピッグ 10年 スモールバッチ・ライ
はちみつ、バニラなどの香りにほのかなスモーキーさとキャラメルの風味が現れた味わい。容量700ml。希望小売価格¥11,550
191120_Core_Holiday-0492_HR.jpg
ホイッスルピッグ 12年 オールドワイド・ライ
3種のヨーロッパ製のワイン樽で仕上げ、フランス料理とも相性が良好。容量700ml。希望小売価格¥16,170
191120_Core_Holiday-0308_HR.jpg
ホイッスルピッグ 15年 エステートオーク・ライ
ライ麦特有のスパイスに温かみのある長い余韻が特徴的。容量700ml。希望小売価格¥31,240

ホイッスルピッグ

https://jp.whistlepigwhiskey.com/