【東京クルマ日記〜いっそこのままクルマれたい〜】 第187回まるでエレクトリックな巨人!?  進撃を続けるBMWのスーパーハイブリッドSUVに乗った

  • 写真 & 文:青木雄介

Share:

アイコニックグローと呼ばれるフロントグリルを強調するライト、ボンネットのパワードームにかけて伸びるラインが力強さを象徴する。

BMWにおけるハイパフォーマンスカーの称号「M」における、専用モデルにして初のPHEV(プラグイン・ハイブリッド)モデルとなるのが「XM」。1970年代のスーパーカー「M1」以来、M専用モデルが発売されるのは45年ぶり。セダンやクーペのスーパースポーツモデルではなく、SUVでM専用モデルというのも、時代を反映しているよね。

1.jpg
BMWのMブランド初となるプラグイン・ハイブリッドモデルのXM。

---fadeinPager---

ルックスはコミック『進撃の巨人』の鎧の巨人みたいにイカついボディに、クーペルックなルーフラインが高い戦闘力を匂わせている。これまでもプラグイン・ハイブリッドをラインアップに取り入れてきたBMWが、ついにV8エンジンにモーターを組み合わせてきたところがミソで、その走りは同じV8モデルとも大きく異なる。それも「10年違うだろう」というインパクトなんだ。

素のV8エンジンだけで走りたいのであれば「eコントロール」と名付けられた積極的に充電するモードが使用できる。普通のプラグイン・ハイブリッドは残存電池量が無くなると非力なエンジン動力のみで走らなければいけないから途端に魅力が半減するんだけど、XMはたとえ電池の電力が尽きたとしてもほぼ従来のV8エンジン搭載車同様の走りを楽しめる。さらに上手に駆動系に回すから、電池容量が0と表示されていてもモーターアシストが失われることはない。

そんなプラグイン・ハイブリッドの欠点をクリアしつつ、XMはクールさと動力性能を加速させるのね。XMはV8エンジンの一挙手一投足に追従し、モーター動力が鎧さながらに走りの戦闘力をあげているイメージ。排気音も従来のBMWのV8エンジンよりビートが強めで存在感も強い。最近のBMWのV8エンジンは電動化の未来を示唆するように静音設計されていたから、XMはより静と動のコントラストが強く感じられる。エンジンとモーターが生き生きと協調する様子は、俊敏かつ野性的。それでいて獲物に近づくまでは静謐さをまとい、とことん抑制を効かせるクールな大型肉食動物といったところ。

5.jpg
立体的で幻想的なイルミネーテッド・ルーフ・ライニングがラウンジ空間を演出する。

---fadeinPager---

走行モードを「スポーツプラス」にすると、ハンドリングはもちろんコーナリングの重心移動までもがフラットになる。ワイドタイヤにアンチロールバー、そしてスプリングサスペンションによる、「ド」のつく「フラット」への執念があきらかになるんだ(笑)。さらにもともと足回りの上下動も抑えられているのでドライバーの視点もほぼフラット。車体の揺らぎを躍動感としてエモーショナルにとらえるライバル達の逆を行く、“動かざること山のごとし”な安定感抜群のドライバビリティな訳。

XMのハイブリッドシステムと、このドライバビリティが京料理にあわせる吟醸冷酒みたいに抜群のマリアージュなのね(笑)。攻めた走りをしていると電池量はフルの状態がキープされるし、巨体を操るスポーティさと高級感にも一役買っている。エンジン音も高回転域ではV12のように多重奏が溶けあうような厚みのあるサウンドへと変わる。

とくに感動したのが足回りで、とにかく一部の隙もない接地感なんですよ。すべての速度域で、四輪から磁力で大地を引きつけるように路面をホールドする。ドライバーに路面入力を感知させつつ、まるでゼリー状の緩衝体が敷きつめられているみたいに、バネ下で衝撃を吸収できてしまう。それも自重で圧しつつ反発を吸収している感じじゃなくて、ぬらぬらと衝撃を包み込んでしまうイメージ。

3.jpg
ヴィンテージ風レザーをはじめ、異なる素材や特別なカラーリングを組み合わせた独創的なインテリア。

---fadeinPager---

なんせ45年ぶりのM専用モデル。主語はMで通したかったところなんだけど、こんなSUVを出す昨今のBMWはヤバイって話でしょう(笑)。EVによるSUV、iXあたりから、持ち前のアヴァンギャルドさを加速させている。わき目もふらない先鋭化って感じで、1モデルにかける執念と熱量がハンパじゃない。まさに昨今の“進撃のBMW”を象徴するスーパーなSUVなんだ。

 

4.jpg
23インチのホイールはボディのアクセントラインと同じナイトゴールドで豪奢にあしらわれている。

 

6.jpg
ルーフを後方に傾斜させたクーペスタイルに、縦に排気口を重ねたデュアルマフラーが屈強な印象を与える。

BMW XM

サイズ(全長×全幅×全高):5110×2005×1755㎜
エンジン形式:V型8気筒ツインターボ+電気モーター
排気量:4394cc
システム・トータル最高出力:653ps
システム・トータル最大トルク:800Nm
駆動方式:4WD(フロントエンジン4輪駆動)
車両価格:¥21,300,000(税込)~
問い合わせ先/BMWカスタマー・インタラクション・センター
TEL:0120-269-437
www.bmw.co.jp