サウナとスキンケア、意外な共通点とは?【グルーミング研究所】

  • 文:伊藤 聡
  • 写真:丸益功紀(BOIL)
  • イラスト:武田侑

Share:

LA ROCHE-POSAY(ラ ロッシュ ポゼ)
ターマルウォーター

①Pen2312_30264_70_f.jpg
1975年にフランスで誕生した敏感肌のためのスキンケアブランド。天然の湧水を使用し刺激を与えにくい成分で構成。150g ¥2,420/ラロッシュ ポゼ(ラ ロッシュ ポゼ お客様相談室) TEL:03-6911-8572

Check Points

☑リフレッシュ
☑敏感肌
☑全身用

---fadeinPager---

いま大きなブームとなっているサウナ。私はスキンケアにハマりつつ、サウナも愛好しているのだが、両者にはなにかと共通点が多い。サウナはアロマ水の香りを大事にするが、スキンケアも香りが重要。また、サウナ後に水風呂、外気浴といったルーティンを繰り返すように、化粧水や美容液、乳液を正しい順番で使用することで、より効果と心地よさを得られる。サウナ施設にはスキンケア用品が充実していることも多く、サウナ愛好家の男性であれば、きっと抵抗なく肌のお手入れを始めてもらえそうな気がしている。

そしてスキンケアとサウナが最も共通しているのは、湿度や潤いを大切にする点だろう。サウナストーブにアロマ水をかけて蒸気を発生させる「ロウリュ」を初めて見た時、美容家電のスチーマーを連想した。どちらも肌を蒸気でしっとりと馴染ませ、潤いを取り戻せそうだ。大ヒット中の美容本で知られるMEGUMI氏も、週2回はサウナに通って美肌を維持していると著書で紹介していた。

とはいえ、いきなり美容家電はハードルが高い。個人的にお薦めしたいのは、スプレー式の化粧水だ。今回紹介するのは「ラロッシュポゼターマルウォーター」。お風呂上がりにシュッと顔面に吹きつければ、それだけで肌に水分が行き渡る。使う前は、スプレーで肌に水分を補給できるのかと半信半疑だったが、これが実に心地よく、サウナ室でロウリュした後のような、肌全体に水分がしみ込んでいく感覚がある。洗顔後はまず、ミスト化粧水で肌を落ち着かせると、その後の美容液や乳液も馴染みやすくなる。

同製品は敏感肌でも気にせず使える優しい成分が特徴で、こわばった肌もこれ一本ですっかりほぐすことができるのが実にいい。まさに顔ロウリュ。導入用としても使えるので、ここからよりしっとりとした化粧水を重ねて使うのもお薦めだ。これであなたの肌も、すっかり「ととのい」の境地へと達するはずだ。

伊藤 聡

海外文学&映画ライター。40歳を過ぎてから美容に目覚める。著書『電車の窓に映った自分が死んだ父に見えた日、スキンケアはじめました』(平凡社)が発売中。

※この記事はPen 2023年12月号より再編集した記事です。