話題沸騰の麻布台ヒルズに、三國清三シェフがプロデュースする「Dining 33」がオープン

  • 文:山下美咲

Share:

構想から約35年をかけて再開発が進められてきた麻布台ヒルズが、2023年11月24日にいよいよ開業する。中でもいちばんの高さを誇る森JPタワーの33階に看板を上げるのが、長きにわたり日本のフランス料理界を牽引してきた巨匠、三國清三氏の手がける「Dining 33」だ。正統派フランス料理でありながら日本ならではの食材を活用した、三國氏らしい味わいを追求。さらに同氏にとって初の試みとして大皿をシェアするスタイルを取り入れ、新たな食体験を提供する。

22_DINING 33.png

「Dining 33」が店を開けるのは、麻布台ヒルズ内の会員制施設である「ヒルズハウス 麻布台」内。エクスクルーシブなエリアの中でも、ここだけは会員以外の利用を受け入れる。麻布台ヒルズのレストランの中では最高層に位置しており、角度によっては東京タワーやお台場をはじめとするベイエリアが視界に入るなど、見晴らしは格別だ。

---fadeinPager---

Re_231011_0038.jpg
フランス料理らしい繊細な美しさと、大皿ならではのダイナミックなプレゼンテーションが見事に共存する。コースはディナー¥11,000〜(サービス料別)、ランチ¥6,000〜。

料理はオーセンティックなフランス料理で、コースのラインナップは旬の食材を使用し月ごとに変化する。三國氏が切り拓いてきた「ジャポニゼ」の思想を活かし、東京近郊で採れた魚や野菜をはじめ、地産地消を促進する食材をできるかぎり採用。そのほかにも能登の塩や北海道の甜菜糖を筆頭に、世界中から最高峰の材料をセレクトして理想の味を創造している。コースのうち数皿は、インパクトたっぷりの大皿にてサーブ。目にも舌にも美味しい料理を取り分け、シェアすることで、従来のフランス料理の形式になかった“楽しさ”を引き出すという挑戦だ。

Re_231011_0257_2.jpg
大名の参勤交代で江戸へ伝わり、現在に至るまで栽培されてきた「江戸東京野菜」を積極的に取り入れる。ほかにスズキや軍鶏や牛肉、牛乳に味噌、米、日本酒なども、東京産のものを。

また食事の最後は、洗練された軽やかさを持つエレガントなスイーツが締めくくる。三國清三氏の店で長年同氏のクリエイションを支えつづけたシェフパティシエが、ここでもその腕前を発揮。時には醤油など日本の食材を活かした、新感覚のデザートがお目見えしそうだ。 

Re_231011_0328.jpg
レストランの入り口に、パティスリーも併設。生菓子と焼き菓子の両方をテイクアウトできる。

クラシカルで上質な技術をもって、東京の今を表現する天空のグランビストロ。新たな活気に満ちる街で過ごす特別なひとときを鮮明に彩ってくれる食体験が、ここにはある。

---fadeinPager---

KM_2022_059.jpg
プロデュースを手がけた三國清三(きよみ)氏。1970年代から80年代にかけてフランスの名だたる三ツ星レストランで修行を積み、長きにわたり日本のフランス料理界を先導してきた。

 

Dining 33

住所:東京都港区麻布台1-3-1 麻布台ヒルズ 森JPタワー33F
営業時間:11時〜15時(L.O.14時)、18時〜23時(L.O.22時)

www.tablecheck.com