アウディのQ8 e-tronから伝わる、「つくりのよさがクルマの価値になる」という確かな主張

  • 文:小川フミオ
  • 写真:Audi Japan

Share:

1101 Q8_015.jpg

いまのクルマは頻繁なモデルチェンジをしないと、消費者に飽きられてしまう、と語る自動車メーカーがある。いっぽう、アウディは着実だ。最新の「アウディQ8 e-tron」なんて好例だろう。

作りのよさがクルマの価値になる。1980年代に早くもアウディは、そのことを、私たち消費者に気づかせてくれた。

 

1101 Q8_010.jpg
精悍な印象が強くなったQ8 スポーツバック55 e-tron quattro S line。

 

ボディパネルの隙間を極力細くし、ドアの閉まる音が気持ちよく聞こえるようにし(これは大変な作業)、インテリアの操作類の質感や音にも気をつかったクルマづくり。

アウディは、時代を経ても、そのポリシーを堅持してきた(と私は感じてきた)。2023年3月に日本で発表され、秋にデリバリーが始まった「Q8 e-tron」も、それが大きな魅力のひとつだと思う。

「Q8 e-tron」は、余裕あるサイズのSUV型ピュアEV。2019年に欧州で発売された「e-tron」を「大幅にアップデート」したとアウディジャパンではプレスリリースで謳う。

技術が急ピッチで進むEVの世界のおいても、19年発売という古さを感じさせず、同時にアウディならではのクオリティ感という”武器”をそなえている。

---fadeinPager---

1101 Q8_001.jpg
S lineには各部がツヤを感じさせる高輝度のハイグロスパッケージが組み込まれている。

 

2023年11月に、Q8 スポーツバック55 e-tron quattro S line(長い)に私は乗って、クルマには”進化”も必要だけれど、洗練がなにより大事なのだと、理解できたような気がする。

アウディジャパンが発売した「Q8 e-tron」は車型は「SUV」と「スポーツバック」のふたつ。パワートレインは、「50」と、より高性能な「55」と、やはりふたつ。

ただし、スポーツバックは「55」のみの設定だ。

駆動用バッテリーは従来よりプラス24kWhの114kWhと、かなりの大容量。一充電走行距離がプラス78kmの501kmという。最高出力は300kW、最大トルクは664Nmに達する。

 

1101 Q8_016.jpg
アウディのフォーリングス・エンブレムは二次元的表現になったのも新しい。

 

外観は、グリルと灯火類の意匠が変わった。とくに日本に導入されるのはスポーティな装いのSラインなので、グリルのデザインも標準モデルと異なる。

「シングルフレームグリル」とアウディが名付けたグリルは、標準モデルでは、全体がクロームでフロント部分を際立たせているけれど、Sラインでは輪郭もブラックアウト。引き締まった印象だ。

グリルにはまったアウディの「フォーリングス」というエンブレムも、今回、二次元的表現に改まった。これが新しいコーポレートアイデンティティなのだそうだ。

 

1101 Q8_026.jpg
質感の高い立体的な造型が特徴的なダッシュボード。

 

ドアを開けると、アウディならではの世界が眼にとびこんでくる。とくに印象的なのは、ダッシュボードの造型。いくつかの筐体が重ねてあるような凝ったデザインで、建築物を連想させる。

液晶モニターが3つ。いまでこそ、大型液晶モニターは”当たり前”のようになったが、先鞭をつけたのはアウディだ。e-tronが発表されたときは、未来のクルマだと感じたのを私は思い出した。

---fadeinPager---

1101 Q8_034.jpg
S line専用のスポーツシートは合成皮革張り。

 

シートにはあえて合成皮革を使用(こういう時代である)。といっても、蒸れるようなかんじはなく、からだは滑らないし、クッションは厚さを感じさせる。

体圧分布といって、シートに座った乗員の体重を一点に集中させるのでなく、うまく分散させることで、どこかが痛いと感じさせることはあまりなさそう。

 

1101 Q8_035.jpg
ホイールベースは長いうえBEVのパッケージを活かして後席空間は広々。

 

リアシートも広々。外部からの音も抑えられているので、SUVだけれど、後席も居心地のいい空間になっている。急ごしらえの感じがいっさいないのは、冒頭に触れたアウディのよき伝統のようなものだろうか。

ピュアEVは、 操縦感覚も速いスピードで変わってきた。Q8 e-tronがたんにe-tronとして登場したとき、驚くほどの加速性が高かったが、スムーズさにおいては、今回たしかに「大幅」に変わった印象だ。

 

1101 Q8_002.jpg
Q8 スポーツバック55 e-tron quattro S lineは、ドライバーの意思に忠実な走りが気持ちよい。

 

さきに触れたとおり、大容量のバッテリーを活かしての大トルクで、パワフルなのだけれど、それをダイレクトに感じさせるのでなく、走り出しから加速まで、パワー感でなく、気持ちよさに重点が置かれている。

乗り心地はあきらかに快適になっている。いっぽう、ハンドルを動かしたときの車両の反応は、速すぎず、もちろん遅さはまったくない。サスペンションがうまく働いて、安定した車体の動きを実現している。これもかなりよくなったと私は感じた。

全体の質感と、EVならではのスムーズな動きがうまくシンクロしているといえるQ8 スポーツバックe-tronは、一度体験してみる価値があるクルマだと思う。

---fadeinPager---

1101 Q8_022.jpg
「プレミアムチャージングアライアンス」により販売店などで150kWのCHAdeMO規格の高速充電が行える(10%から80%までの充電が最速34分)。

 

Specifications
Audi Q8 Sportback 55 e-tron quattro S line
全長×全幅×全高 4915×1935×1620mm
ホイールベース 2930mm
車重 2600kg
電気モーター2基   全輪駆動
最高出力 300kW
最大トルク 664Nm
駆動用バッテリー リチウムイオン 114kWh
一充電走行距離 501km
価格 1317万円

---fadeinPager---