「エヴィス」の日本初となる旗艦店が表参道にグランドオープン!

  • 文:石川博也

Share:

 

3F-2.jpg
3Fではソファに座って映像を楽しめる。

デニムの後ろポケットに白いペンキで描かれたかもめのマークでおなじみ。日本のデニムブランドの中でも特にファッション性に優れたブランドとして人気の「エヴィス」が、日本初となるフラッグシップショップ「エヴィス表参道店」をオープンした。

外観(赤).JPG

表参道の裏通りにショップはある。

ショップの外観はシンプルなラインと自然光を取り込む大きなガラスがデザインコンセプトで、クリーンな雰囲気に仕上がっている。中は3階建てでフロアごとに3つのエリアに分かれ、さまざまな角度から「エヴィス」の魅力を感じられる構成になっている。

1F-1-2.jpg

青を基調にした1F。

1Fは「エヴァーグリーン」のショーケースエリア。「日本の青」をデザインコンセプトにしたモダンなミニマリストスタイルに仕上げられている。「エヴィス」のアイコンとなっているかもめのマークをモチーフにした照明と什器のデザインも特徴的だ。

2F-1.JPG
2Fはタイル貼りの床が印象的だ。

白を基調としたシンプルで明るい雰囲気の2Fは、ブランド設立25周年を機に立ち上がったデザインプロジェクト「エヴィスクロ」のショーケースエリアになっている。「エヴィスクロ」とは、現状に満足することなく挑戦する姿勢を表現するもの。「ビヨンド ブラック」と「ビヨンド デニム」をスローガンに、より冒険的で新鮮な服装を作り上げている。

「ビヨンド ブラック」では、タイムレスな黒と白に加えて、シーズンカラーやトレンドカラーを取り入れて幅広いアイテムを展開している。

「ビヨンド デニム」は、ハイストリート・スタイルに、機能的なスポーツ要素を融合。カジュアルさとファッション性を兼ね備えたスポーツスタイル「アスリート ルック」を提唱し、「エヴィス」のブランドの歴史に新たな1ページを刻む。

3F-3.jpg

赤を基調とした3F。スペーシーな雰囲気がスタイリッシュ。

3Fはラウンジエリアで、ほかのブランドとコラボした限定商品を展示。プライベートシアターでは、横に長い赤いソファーでゆったりとくつろぎながら、「エヴィス」の最新CM映像を観ることができる。

3.jpg
グランドオープンイベントでは1Fから3Fまで多くの人で賑わった。

10月26日にはグランドオープンイベントを開催。モデルやアーティストなどおよそ150名が集まり、新店舗のオープンを祝福。DJ NoriとMuroによるDJユニット、キャプテン ヴァイナルが登場し、場内を盛り上げた。

ユージ.jpg

グランドオープンイベントに来場したタレント、モデルのユージさん。

 

梅田サイファー.jpg
左から梅田サイファーのHATCHさん、pekoさん、テークエムさん。

 

美月.jpg
エヴィスのデニムにエヴィスクロのトップスをコーディネートしたモデルの美月さん。

商業的な発展よりも創造に情熱を注ぐことを大切にし、市場での成功を収めながらも、常に最高品質の製品を創造する使命を堅持してきた「エヴィス」。この根本的な姿勢こそが「エヴィス」をジーンズファッションの歴史においてクラシックな存在にしている理由であり、それを強く実感できるのが「エヴィス表参道店」なのである。

エヴィス表参道店

住所:東京都渋谷区神宮前4-21-8 

営業時間:12:00〜20:00(土日11:00〜)

電話番号:03-6804-2736

定休日:不定休

https://www.instagram.com/evisu.official/