ミズノとグラフペーパーのコラボレーションモデルの第4弾が登場! テーマはマウンテンビュー

  • 文:石川博也

Share:

  • Line

Graphpaper × MIZUNO16.jpg
「ミズノ フォー グラフペーパー ウェーブ プロフェシー β2 “グラフペーパー”」¥38,500。カラーはマウンテンビューのみ。サイズ展開は23〜30cm(0.5cmごと)。 

ミズノとグラフペーパーのコラボレーションモデルの第4弾となる最新作「ミズノ フォー グラフペーパー ウェーブ プロフェシー β2 “グラフペーパー”」が登場! 発売日は2023年10月23日(土)。東京、青山、京都、仙台、名古屋のグラフペーパー直営店のほか、全国のグラフペーパー取扱店で販売される。

Graphpaper × MIZUNO7.jpg
自然とも相性のよいカラーリングだ。

グラフペーパーの最新コレクションのシーズンテーマを投影して製作されるこのコラボ。

過去を振り返ってみると、第1弾は「ウェーブ プロフェシー 8」をベースに、インダストリアルデザイナーのディーター・ラムスをイメージ。第2弾は「ウェーブ プロフェシー X」をベースに、モダニズム建築の父として知られるマルセル・ブロイヤーをイメージ。第3弾は「ウェーブ ライダー β」をベースに建築家、デザイナーのへリット・リートフェルトによるシュレーダー邸をイメージしている。

いずれもスニーカーとしては異質とも言えるイメージで製作され、話題となった。

---fadeinPager---

ブツ撮り2.jpg

シューレースは写真のホワイトのほか、ブラックも用意されている。

そして、今回の「ミズノ フォー グラフペーパー ウェーブ プロフェシー β2 “グラフペーパー”」でイメージソースとなったのは、グラフペーパーの最新シーズンテーマとなる「マウンテンビュー」。

Graphpaper × MIZUNO20.jpg

グラフペーパーの最新コレクションとコーディネートしてみたい。

今シーズンのグラフペーパーが展開するのは、1990年代後半から2000年初頭にかけて、新旧のアウトドアブランドがファッションシーンへと台頭していった時代背景を着想源に、当時のスタイルやデザイン、配色を踏襲しながらも、現代の都市生活において必要な機能に置き換え、ブランド独自の視点で表現したコレクションだ。

ブツ撮り5.jpg

柔らかな曲線を描く有機的なデザインも魅力。 

そんなコレクションを反映した今回のコラボモデル。ベースにはミズノの技術力を結集したフラッグシップモデル「ウェーブ プロフェシー」のライフスタイルモデルとして、モダンに進化を遂げた「ウェーブ プロフェシー β2」の最新作を採用。グラフペーパーの今季のシーズナルカラーをデザインとして落とし込んでいる。

ブツ撮り4.jpg

ランバードのロゴが排除されたことで、通常モデルとの差別化も明確に。

アッパーにはビッグスキンヌバックなどの上質な素材と、ミズノのテクニカルなデザインを融合。ランバードと呼ばれるミズノのロゴをあえて排除することで、「ウェーブ プロフェシー」を象徴するインフィニティ構造の空洞のあるソール「インフィニティ ウェーブ」がより際立つデザインに仕上がった。

見るからに機能的なソールとファッション性の高いアッパーデザインを纏う「ミズノ フォー グラフペーパー ウェーブ プロフェシー β2 “グラフペーパー”」で、この秋冬を軽快に駆け抜けたい。

問い合わせ先/グラフペーパー東京

●東京都渋谷区代々木3-38-10 2F

TEL:03-6381-6171

営業時間:12時〜19時 水曜休