今年も東京アートブックフェアがやってくる! 進化を続けるアートブックの“いま”を体感しよう

  • 文:Pen編集部

Share:

TABF23_1920x1080.jpg

11月23日(木)〜26日(日)の4日間、東京都現代美術館で、TOKYO ART BOOK FAIR(TABF)が開催される。今年は、国内外から約300組のオリジナリティあふれる作品を制作する出版社、ギャラリー、アーティストらが集結し、つくり手たちが本の魅力を伝える。ひとつの国や地域に焦点を当て、その出版文化を紹介する企画「ゲストカントリー」にて特集するのは、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、デンマーク、アイスランドの北欧5カ国。また今回は、TABF主催のふたつの展覧会、『清里現代美術館 アーカイヴプロジェクト展』と、トーマス・コン『ARTS FOR SALE』にも注目したい。

MAIN VISUAL.jpg
『清里現代美術館 アーカイヴプロジェクト展』
TABF-PR_TK.jpg
Thomas Kong 『ARTS FOR SALE』

清里現代美術館は、ヨーゼフ・ボイス、アーノルフ・ライナー、フルクサスを柱に現代美術を蒐集した個人美術館。2014年に惜しくも閉館したが、その貴重なアーカイヴコレクションの一部を展示する。

北朝鮮生まれでアメリカ・シカゴを拠点とするアーティスト、トーマス・コンは、コンビニエンスストアのオーナーでもあるが、60歳から身近にある包み紙やビニール袋などを使ったコラージュ作品をレジカウンターでつくり続けてきた。今回の展示では、その膨大な作品群の一部を見ることができる。

---fadeinPager---

NF_TABF_web_1.jpg
『NOT FAR』 / TOKYO DESIGN STUDIO New Balance 
TABF-PR_zine.jpg
『BAUM TREEDAY 』樹木がもたらす、あたらしい感性

そのほか、資生堂の企業文化誌『花椿』や、TOKYO DESIGN STUDIO New Balanceがプロデュースするフリーマガジン、スキン&マインドブランドのBAUMがTABFのために制作した小冊子など、それぞれの特別ブースが設けられる予定だ。ゲストを招いてのトークショーやワークショップ、作家によるサイン会、ライブパフォーマンスなど多様なプログラムが展開され、進化するアートブックのいまを体験できる。

TABF-PR_北欧映画祭_v2.jpg
北欧映画祭 〜Nordic perspective〜 

また、会場近隣のミニシアター「Stranger」で映画祭を開催したり、TOKYOBIKE TOKYOでは、配布されるエリアマップを提示すれば自転車の90分間フリーレンタルも可能。

街歩きがより楽しく感じられるこの季節、カルチャーに浸りながら清澄白河の街も楽しんでみては。

TOKYO ART BOOK FAIR 2023 

開催期間:11月23日(木・祝)~26日(日)
開催時間:11時〜19時(23日のみ、12時〜20時)
開催場所:東京都現代美術館 東京都江東区三好4-1-1
入場料:一般 ¥1,000
※チケットは11月9日(木)12時〜開始予定。
購入はこちらから。

https://tokyoartbookfair.com