速報!J.W. アンダーソンの日本初直営店が渋谷パルコにオープン

  • 写真・文:一史

Share:

日本初直営店のオープンは、10月13日(金)。
わざと“13日の金曜日”を狙った!?
かどうかはともかく、世界のファッション界にもっとも影響力のあるデザイナーのひとりであるジョナサン・ウィリアム・アンダーソン。
自身のブランドであるJ.W. アンダーソンの日本初店舗を設けました。
東京・渋谷パルコという、ファッション意識の高い層向け商業施設に出店。
クリエイティブなのに気取らないジョナサンらしい出店場所ですね。
店構えもフロアに自然に馴染むさりげなさ。
好きです、こういう姿勢。

IMG_4233.jpg
渋谷パルコ3階にできたJ.W. アンダーソンの日本初オンリーショップ。ロンドン・ソーホーの旗艦店のテイスト。

---fadeinPager---

ジョナサン・アンダーソン基礎知識

1. ロエベの現ディレクターでもあるスターデザイナー。
2. 北アイルランド出身者で、イギリス的要素を服に取り入れる人。
(“イギリス出身”と呼ばれるのは嫌らしい)
3. 庶民的なカジュアルウエアがベース。
4. 約10年前にジェンダーレストレンドを生み出した立役者。
5. J.W. アンダーソンの店舗はほかに、ロンドン(ソーホー)、ミラノ、中国にあり。
6. ゲイ文化に根付くアイテムをJ.W. アンダーソンで多数展開。
ロエベではやらない(やれない??)。
7. 日本のユニクロとのコラボは2023年秋冬も継続。

貴族階級、上流階級の女性が主な顧客だったフランスのモードと、紳士文化と生活文化のイギリス圏のモードは表現する世界観が異なるようです。
狩猟やガーデニングといった慣習があるからでしょうか、庶民的でアクティブな服装への拒否感もなさそう。

---fadeinPager---

IMG_4199.jpg
このニット最高です!素材も編みも牧歌的で、バイカラーの色彩はモダン。ロングネックが着ると首に沿いエレガントにも見えそう。

J.W. アンダーソンもベースはトラッドやカジュアルウエア。
ユニクロとのコラボラインでは、ジョナサンのカジュアル志向の部分が大きく打ち出されています。
だからあの服は「わりとフツー」に見えがち。
(それが良さでもあり)
J.W. アンダーソンになると素材、仕立ての凝り具合が変わりますから、「フツーだけどフツーじゃない」服です。

このたびオープン前日の内覧で改めて、大人男性のワードローブにハマるものが多いことに気づきました。
捻りを加えた一歩上を行くベーシック。
価格はセーターやパンツで10万円前後、スウエットシャツやパンツで4〜5万円ほど。
決して安くありませんが、ヨーロッパのハイブランドのゾーンよりだいぶ手に届きやすいですし、円安の材料費高騰などもあり爆上がりした日本ブランドと比べても大きな差を感じないほど。
レザー製品で最高品質&最高デザインを望むならロエベの店に行くべきかと思いますが、J.W. アンダーソンはモードがより身近に感じられる場所。

---fadeinPager---

IMG_4202.jpg
このパンツも素晴らしい!しばらくジロジロと眺めちゃいました(間違いなく似合わないので試着はせず)。合わせるトップスはアイロン掛けたシンプルな白シャツがよさげ。細身ボディでインして、前衛的なパンツの印象を和らげるドレスアップ気分で。

 

IMG_4203.jpg
後ろを見るときちんとしたトラウザーズ仕立てなのがわかります。共布のベルトつきで、前を特徴的なバックルで留める構造。

---fadeinPager---

IMG_4208.jpg
レトロモダンなブルゾンもよいです。70年代の家具のような配色で、シルエットはビッグ。ファスナーについた白リングはJ.W. アンダーソンのアイコンパーツ。

---fadeinPager---

IMG_4200.jpg
バイアス(布を斜めに裁断して縫う手法)のダボダボフーディ。

---fadeinPager--- 

IMG_4224.jpg
フランスのA.P.C.との初コラボラインもこの店に。A.P.C.の店でも買えるはず。

---fadeinPager--- 

IMG_4231.jpg
カッコいいウィメンズのトレンチ!両肩の切込み箇所から手を出して着る服。布が背中のほうに回るようなつくりです。

---fadeinPager---

 

IMG_4221.jpg
PR担当女子が手に持つのは……ハ、ハト!?

---fadeinPager---

IMG_4218.jpg
実はクラッチバッグ。いや、置物?小物入れ? クラッチが正式なアイテム名のようですが。ガチガチに固い素材ですし置物なら違和感なくても、クラッチとして持ち歩いたら頭おかしい w こんな品をつくっちゃうのがJ.W. アンダーソンの楽しさ。ただしお値段は¥97,000。

---fadeinPager---

IMG_4213.jpg
ぐわっ!!カエルバージョンも。¥128,000なり。ハトもカエルも3Dプリンタでつくられた品。ジョナサンは工芸や職人技を愛するデザイナー。そんな人が3Dプリンタを使ったのにはきっと確かな理由があるのでしょう。

---fadeinPager---

IMG_4229.jpg
すごいです、この形のアクセサリーをつくる心意気が。ジョナサン自身が公言するゲイコミュニティへのアピールなのか、ファッションシーンへの問いかけなのか。キーリングの商品名びっくりしますよ、そのまんま……。→公式ECサイト

---fadeinPager---

IMG_4237.jpg
ピンク色の部屋は試着室。手前のカエルはクロッグサンダル。

J.W. アンダーソンはバッグを1個持ってます。
銀座のドーバーストリートマーケットで買いました。
同ブランドが打ち出すカルチャーのひとつであるセクシュアリティはわたしと異なりますが、そこばかりを気にかけないようにしています。
ジョナサンのデザインに素晴らしいものがたくさんある、それでOK。
カルチャーに束縛されると着る自由度まで失われてしまいます。
手に入れたあとはどんなブランドでも自分自身の一部にしてしまうことが、“着こなす”ってことだと思うのです。
(それができる人になりたい)

All photos&text©KAZUSHI

Pen Online記事一覧
www.pen-online.jp/columnist/kazushi-takahashi/

KAZUSHI instagram
www.instagram.com/kazushikazu

---fadeinPager---

【画像】速報!J.W. アンダーソンの日本初直営店が渋谷パルコにオープン

IMG_4233.jpg
渋谷パルコ3階にできたJ.W. アンダーソンの日本初オンリーショップ。ロンドン・ソーホーの旗艦店のテイスト。

---fadeinPager---

IMG_4199.jpg
このニット最高です!素材も編みも牧歌的で、バイカラーの色彩はモダン。ロングネックが着ると首に沿いエレガントにも見えそう。

---fadeinPager---

IMG_4202.jpg
このパンツも素晴らしい!しばらくジロジロと眺めちゃいました(間違いなく似合わないので試着はせず)。合わせるトップスはアイロン掛けたシンプルな白シャツがよさげ。細身ボディでインして、前衛的なパンツの印象を和らげるドレスアップ気分で。

---fadeinPager---

IMG_4203.jpg
後ろを見るときちんとしたトラウザーズ仕立てなのがわかります。共布のベルトつきで、前を特徴的なバックルで留める構造。

---fadeinPager---

IMG_4208.jpg
レトロモダンなブルゾンもよいです。70年代の家具のような配色で、シルエットはビッグ。ファスナーについた白リングはJ.W. アンダーソンのアイコンパーツ。

---fadeinPager---

IMG_4200.jpg
バイアス(布を斜めに裁断して縫う手法)のダボダボフーディ。

---fadeinPager--- 

IMG_4224.jpg
フランスのA.P.C.との初コラボラインもこの店に。A.P.C.の店でも買えるはず。

---fadeinPager--- 

IMG_4231.jpg
カッコいいウィメンズのトレンチ!両肩の切込み箇所から手を出して着る服。布が背中のほうに回るようなつくりです。

---fadeinPager---

 

IMG_4221.jpg
PR担当女子が手に持つのは……ハ、ハト!?

---fadeinPager---

IMG_4218.jpg
実はクラッチバッグ。いや、置物?小物入れ? クラッチが正式なアイテム名のようですが。ガチガチに固い素材ですし置物なら違和感なくても、クラッチとして持ち歩いたら頭おかしい w こんな品をつくっちゃうのがJ.W. アンダーソンの楽しさ。ただしお値段は¥97,000。

---fadeinPager---

IMG_4213.jpg
ぐわっ!!カエルバージョンも。¥128,000なり。ハトもカエルも3Dプリンターでつくられた品。ジョナサンは工芸や職人技に精通するデザイナー。

---fadeinPager---

IMG_4229.jpg
すごいです、この形のアクセサリーをつくる心意気が。ジョナサン自身が公言するゲイコミュニティへのアピールなのか、ファッションシーンへの問いかけなのか。キーリングの商品名びっくりしますよ、そのまんま……。→公式ECサイト

---fadeinPager---

IMG_4237.jpg
ピンク色の部屋は試着室。手前のカエルはクロッグサンダル。

高橋一史

ファッションレポーター/フォトグラファー

明治大学&文化服装学院卒業。文化出版局に新卒入社し、「MRハイファッション」「装苑」の編集者に。退社後はフリーランス。文章書き、写真撮影、スタイリングを行い、ファッション的なモノコトを発信中。
ご相談はkazushi.kazushi.info@gmail.comへ。

高橋一史

ファッションレポーター/フォトグラファー

明治大学&文化服装学院卒業。文化出版局に新卒入社し、「MRハイファッション」「装苑」の編集者に。退社後はフリーランス。文章書き、写真撮影、スタイリングを行い、ファッション的なモノコトを発信中。
ご相談はkazushi.kazushi.info@gmail.comへ。